お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

認知的不協和とは? 意味や活用例&注意点を紹介

高見綾(心理カウンセラー)

認知的不協和を活用する上での注意点

認知的不協和を解消することは、自分の心を守る行動なので、それ自体には何も問題はありません。

ただし、「てっとり早く不快感を解消しようとして合理的ではない判断をしてしまうことがある」という点には、注意が必要です。

うまくいかないことを受け入れてみたり、自分の考えや行動を変えた方が良かったりする場合であっても、受け入れずに誰かのせいにしたり、やらなくて良い理由を見つけて自分を正当化してしまったりすると、後々自分が困ることになります。

信頼できる相手に相談したり、客観的なデータを元に検討してみたりするのも良い方法です。特に重要な判断をする際には、いつもより慎重になって、自分の選択が合理的なものなのかじっくり考えてみるのがおすすめです。

合理的な判断をするように意識しよう

自分の中で相反するものが生じる認知的不協和は、日常のさまざまなシーンで見られるものです。

不快感を解消する行為は、自分の心を守るために必要なもの。考え方や行動を変える際には、その判断が合理的なものかどうか、長い目で見た時に自分にメリットがあるのかどうかを考えたいものです。

なりたい自分に近づくためにも、認知的不協和を上手に活用していきましょう。

(高見綾)

関連する記事もあわせてチェック!

【心理学】認知バイアスとは? 事例や種類一覧、対策を紹介

リフレーミングとは? 意味や練習方法を紹介

ダニング=クルーガー効果の意味は? 特徴や対策方法

※画像はイメージです

※この記事は2021年05月21日に公開されたものです

高見綾(心理カウンセラー)

カウンセリングサービス所属、心理カウンセラー

電話、面談(東京・名古屋)によるカウンセリング及び心理学ワークショップ講師をしている。大学卒業後、民間企業の経理・財務業務に従事するが自身の悩みを解決するために心理学を学びはじめ、人生がうまくいくためには特定の法則があることに気づく。働く女性が才能や魅力を発揮し、自分らしく輝いていくことをサポートするのが最も得意なジャンル。
著書に「ゆずらない力」(すばる舎)がある。
他、PHPスペシャルに記事を寄稿するなど活動中。

高見綾のブログ https://takamiaya.com/

この著者の記事一覧 

SHARE