お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本当に優しい人の特徴とは? 優しい人になる方法

上色ゆるり

本当に優しい人になる方法

できるならば、うわべだけの優しい人ではなく、本当に優しい人を目指したいですよね。では、具体的にどんなことに気をつければいいのでしょうか。

変わりたいと思ったなら、次の言動を心がけてみましょう。

(1)偏見を持たない

人と接する時、「この人はこういう人だから」と決めつけてしまわず、偏見なしに相手を知ろうとすることが大切です。

偏見を持ってしまうと、先入観で相手のことを決めつけた接し方をしてしまいます。フラットに相手を受け入れられなくなってしまうのです。

相手の本質が分かれば、自ずと本当に求めていることも分かってくるはず。相手にとって最適なタイミングで、かつ一番好ましい手助けができるようになるでしょう。

(2)相手の気持ちや意見をまずは受け入れる

価値観や性格は十人十色なので、時にはぶつかってしまうこともありますよね。

そんな時は、まず相手の気持ちや意見を受け入れることが重要です。相手の話を聞かずに反論してしまうのはNG。相手を傷つけてしまうことがあります。

それに、自分が常に正しいとも限りません。したがって、まずは意見を受け入れて、話し合いができるよう心に余裕を持ちましょう。

注意したり、叱ったりする場合でも、ひとまず相手の思いを受け入れた上で意見を述べる方が、思いやりのある言葉を伝えられるはずです。

(3)感謝の気持ちを忘れない

スムーズな人間関係を築くためには、感謝の気持ちが欠かせません。何か特別なことをしなくても、相手に「ありがとう」と言えるだけで、十分優しさが伝わります。

誰かに傷つけられたとしても、「自分には必要な経験だった。ありがとう」と思えれば、真の優しい人へと近づけるはずです。

(4)時には見守る

仕事や恋愛において、誰かがうまくいっていないのを見かけると、ついつい口を挟みたくなりますよね。しかし、正しいやり方を教えることが相手の成長につながるとは限らず、1人で悩み考える時間が、相手にとって大切なこともあります。

特に後輩や兄弟姉妹、年下の友達にはアドバイスしたり、構ってあげたくなったりするものですが、時には黙って見守ってあげることも本当の優しさです。

その手助けが、相手にとって必要なものか。じっくり考える時間も持ちましょう。

次ページ:あなたはどう? 本当に優しい人度診断

SHARE