お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

美容は内面も変えられる魔法。井手上漠の「おこもり美容」

おこもり美容

マイナビウーマン編集部

おうちで過ごす時間が増えた2020年。そんな流れは2021年の今年もまだ続きそう。でも、外出する時間が減ったとしても、きれいを諦めたくないのが女性の本音。そこで今回は、“可愛すぎるジュノンボーイ”として注目されているモデルの井手上漠さんに、“自分の家で”“自分のために”“自分でできる”美容の楽しみ方を聞いてみました!

撮影:前田立
取材・文:照井絵梨奈/マイナビウーマン編集部

“可愛すぎるジュノンボーイ”として注目を集め、TVや雑誌など、活躍の場を広げている井手上漠さん。この春高校を卒業するにあたり、生まれ育った島根県隠岐諸島から上京。さらなる活躍が期待されます。

そんな井手上漠さんは、コロナ禍で増えたおうち時間で、どんな美容を行っていたのでしょうか。第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMERの舞台裏で、「自分のためのおうち美容」について聞いてみました。

コロナ禍で美容感度に変化が……

今日は、「自分のためのおうち美容」をテーマにお話を聞かせてください。コロナ禍によって家で過ごす時間が増え、美容への感度が上がった人と下がった人がいると思いますが、井手上さんはどうでしたか?
私は下がった方ですね……。
意外!
外に出ないし人に会わないので、ついつい怠っちゃうというか……。「意識しなくても良いのかな」となってしまいました。

そんな中でも、これだけはしていたということはありますか?
基礎のことは続けていました! 特に半身浴ですね。ストレスが発散できるというのもあるし、体の中から悪いものが出ていくような気がしてすっきりします。だから続いたのかな。

しなやかな体をつくるのは「体幹」と「ストレッチ」

最近、新しく始めた美容などはありますか?
最近はトレーニングを頑張っています! やっぱり男性なのでちょっと鍛えるとすぐに筋肉がついてしまうのですが、かといってすごく筋肉が欲しいわけでもないので、中身が細くなるような筋トレをしています。
中身が細くなる筋トレというと?
主に体幹トレーニングです。内側を鍛えられるという点で、女性でも体幹トレーニングは良いんじゃないかと思います。

逆に、コロナ禍で不要だなと感じた美容ってありますか?
脚を細くするのに筋トレをする人もいると思うのですが、私はそれがいらないかなと思いました。
えっ! それはなぜでしょう?

今までの自己検証ですが、脚を細くするにはストレッチの方が効果があったような気がして。

ストレッチで足を伸ばすのって実は結構痛いんですよ。筋トレで鍛えた後はストレッチで筋肉を伸ばしてあげることが必要かなって。脚をよくほぐすようにしたらむくみが無くなった気がします!

女性には特に嬉しい情報です…!
筋トレも良いですが、しなやかな体づくりには体幹トレーニングやストレッチの方が合っているのかもしれません。

美容は外見も内面も変えられる、魔法のようなもの

女性の美容意識として、「美容は他人に向けたもの」と捉えている人も多いことが、コロナ禍で浮き彫りになっている気がします。井手上さんから見て、「自分のためにするおこもり美容」として読者に薦めたいことはありますか?

そうですね……。最近瞑想のアプリを入れたんですけど、それが中々おすすめですよ。

瞑想⁉
「えっ⁉」って思うかもしれないんですけど、これが意外と良くて。人って生きているだけでストレスが溜まるじゃないですか(笑)。夜とかに静かな空間で瞑想アプリを使って、感情をデトックスするようにしています。
体は半身浴で、心は瞑想でデトックスされているんですね。
嫌なことも忘れられるので瞑想は結構好き。すごくすっきりするので、中身からの美容って意味ではおすすめしたいです。
最後に、井手上漠さんのように「自分らしくありたい」と願う読者に向けて、アドバイスをお願いします!

メイクや髪型で自分を飾る前だと以前は、私も今の姿と違っていました。
でも、メイクとかファッションとか、見せ方で自分を変え始めて努力を重ねてきて、「中身から変えるのが大事」っていうのもあるけど、私はメイクや髪型で外見を変えて自分に自信がついた結果、中身もすごく変わったなって思うんです。

だから美容っていうのは外見だけじゃなくて中身も変えられて、魔法のようなものだと考えています。自分らしくいるのはやっぱり勇気が必要だし、自分のことを好きになるのはすごく難しいけど、メイクを通して自分の自信につながりました。

私にとって美容は趣味の1つですが、自分らしくあるためのものでもあります。だから、自分らしくありたいと願うみなさんも、その手段として美容を頑張ってみるのも良いじゃないかと思います!

ありがとうございました!

※この記事は2021年03月30日に公開されたものです

SHARE