お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

中イキできない理由とは。中でイケるようになるための3つの方法

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

中イキするための3つの方法

「中イキしたことがないけど、できれば中イキを経験してみたい」「興味があるから試してみたい」という場合、こんな方法を試してみると、中イキできるようになるかもしれません。

(1)外イキを繰り返して、オーガズムに達する感覚を得やすくする

オーガズムを得るには練習を重ねる必要があることを考慮すると、まずはクリトリスへの刺激による「外イキ」を繰り返し得て、オーガズムに達しやすくなることが、中イキへの近道になるかもしれません。

まずはマスターベーションで気持ちのよい場所を刺激し、オーガズムを得る練習を重ねてみるとよいでしょう。

また「ブリッジ法」という、腟内とクリトリスとを同時に刺激して、オーガズムに達する方法もありますので、試してみてもよいでしょう。

(2)前戯に時間をかけるなど、じゅうぶんな性反応を引き出す

オーガズムを得るためにはじゅうぶんな性反応が起こっていることが必要です。そのためには前戯をないがしろにせず、興奮を高めておくことが大切。Gスポットやポルチオにこだわらず、クリトリスなどの敏感な部位を一定のリズムでソフトに刺激するなど、女性がリラックスし、快感を得やすい状態にしておきましょう。

(3)正しい場所を知り、適切な力加減で刺激する

Gスポットは腟の入り口から4~5cmあたりの前壁(お腹側)にありますが、直径1cm程度のごく狭いエリアです。またポルチオは腟のいちばん奥、子宮の入り口近くにあります。女性の腟の長さはだいたい8cm程度といわれているので指が届かない長さではありませんが、むやみに刺激するのはNG。

腟は、痛みを感じやすいデリケートな器官なので、刺激を与えたい場所をきちんと知ったうえで、できるだけソフトに触れる必要があります。中イキのスポットは、じつはとても繊細。正しい場所や力加減で刺激することが大切です。

そのほか、Gスポットの周辺にヒアルロン酸を注入し、突起を作ることで刺激を伝わりやすくする形成手術もあるようです。「どんな手段を使ってでも、どうしても中イキしたい」という場合、こうした方法に頼るのもひとつの手かもしれません。

中イキだけにこだわらず、セックスやマスターベーションを楽しんで

中イキすると、より気持ちいい快感を得られるともいわれているため、中イキに憧れを持つこともあるでしょう。ですが、体質的に難しいケースもあるなど、そもそも中イキをしにくい人も少なくありません。最初にもお話ししたように、オーガズムに優劣はなく、中イキできるからすごいというわけでもないのです。

どこを刺激してオーガズムを得るのかにこだわらず、セックスやマスターベーションを楽しむことを重視していると、そのうち自然と中イキができるようになるかもしれませんよ。

(監修:宋美玄、文・構成:山本尚恵)

※画像はイメージです

【参考文献】

[*1] 日本性科学会・編「性機能不全のカウンセリングから治療まで セックス・セラピー入門」p40

[*2] 宋美玄・著「女医が教える本当に気持ちのいいセックス いいトコどり」p68

※この記事は2021年03月25日に公開されたものです

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

大阪大学医学部医学科卒業。丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。

主な著書に、ベストセラーとなった『女医が教える本当に気持ちいいセックス』がある。

一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事

この著者の記事一覧 

SHARE