お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

中イキできない理由とは。中でイケるようになるための3つの方法

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

外イキよりも気持ちいいって聞くけど本当?

クリトリスへの刺激によってオーガズムにいたることを、中イキに対し「外イキ」と呼ぶことがあります。

女性の外性器の中でもクリトリスは、たくさんの神経が集まるとても敏感な器官です。そこをやさしく一定のリズムで刺激すると、女性はオーガズムに達しやすくなります。

外イキよりも中イキのほうが気持ちいいことも

外イキと中イキの両方を経験した人のなかには、「外イキよりも中イキのほうが、より気持ちいい」「外イキと中イキでは、オーガズムの感覚が違う」という人もいるようです。

腟の中とクリトリス、刺激する場所によって得られるオーガズムの感覚が異なるのは、それぞれを支配する神経系が違うからだといわれています。クリトリスは陰部神経、腟の中にあるGスポットは下腹神経、ポルチオは迷走神経という神経系によって、それぞれ支配されています。

下腹神経は交感神経の一部であり、全身の神経とつながっています。そのため、Gスポットで感じた気持ちよさは神経を通じて、全身に広がっていきます。このことから、外イキよりも中イキのほうが気持ちいいといわれることがあるようです。

2箇所以上の性感帯を刺激することで得られるブレンド・オーガズム

そのほか、Gスポットやポルチオとクリトリスを一緒に刺激することによって「ブレンド・オーガズム」という現象が引き起こされることがあります。

ブレンド・オーガズムとは、Gスポットやポルチオで得たオーガズムの快感が全身に広がり、乳首やクリトリスといったほかの性感帯が連動して迎える、強烈なオーガズムのことです。特定の性感帯への刺激だけでなくさまざまな性感帯が連動して快感を得ることから、外イキだけの感覚よりも中イキのほうが「より気持ちいい」といわれるのかもしれません。

以上のことから外イキと中イキとでは、感じるオーガズムの内容に違いがあることがわかります。しかし、「中イキできる人のほうが優れている」というわけではありません。オーガズムに優劣はなく、中イキをした経験がないとしても、劣等感を覚える必要はありません。

次ページ:中イキできない原因

SHARE