お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セックスで入らないのは腟が小さいから? 痛くなる原因と対処法

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

セックスをする際に、ペニスが痛くて入らないと悩んだことはありませんか? 膣が小さいからなのか、それとも別の原因があるのか気になりますよね。産婦人科医・医学博士の宋美玄先生にペニスがうまく入らない理由と対処法について伺ってみました。

セックスにおいて「パートナーのペニスが入らない」と悩む女性は決して少なくありません。日本性科学会のカウンセリング室「性の悩み 相談室」に寄せられる悩みのうち、半数近くが「挿入ができない」という悩みだそうです[*1]。

そこで今回は、セックスで挿入がスムーズにできない原因と対処法について、掘り下げてみましょう。

セックスで入らない原因

セックスのとき、挿入ができないことの原因は、大きく3つに分けることができます。

1つ目は身体面で挿入の障害となることがある場合(体の問題)、2つ目は心理的な要因がある場合(心の問題)、そして3つ目はセックスのやり方やパートナー側との問題など、体や心以外に原因がある場合です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

体の問題の場合

パートナーとの体格の差、骨盤内の病変など、体の問題によってうまく挿入ができないことが考えられます。主な原因には、以下のようなものがあります。

(1)腟が濡れていない

セックスの際に濡れる=腟粘膜から潤滑液が分泌されることには、ペニスをスムーズに受け入れ、挿入時の摩擦を軽減させる役割があります。

つまり濡れているから、痛みを感じることなく挿入ができるということ。何らかの原因で潤滑液の分泌が不十分だった場合、挿入の妨げになることが考えられます。

(2)緊張で腟が収縮してしまう

強い緊張によって腟が萎縮し、挿入ができないことがあります。なかには、婦人科の診察などセックス以外の場面では問題ないものの、実際のセックスでペニスを挿入しようとすると萎縮が起きて、腟口が閉じてしまうケースもあるようです。

(3)婦人科手術の後遺症

子宮頸がんの円錐切除術、腹圧性尿失禁による機能再建手術、筋腫核手術、子宮の全摘出などの婦人科手術の術後合併症として生じた、性交痛や性交時出血などをきっかけに、挿入障害がおこる場合もあります。

ほかにも、ごくまれなケースではありますが、産後の処置による後遺症で腟の入り口が狭くなり、挿入ができなくなるケースも見られます。

(4)乳がん治療の影響

乳がんになった人が薬物療法を行った結果、卵巣機能が低下し、性交痛が起こることがあります。

乳がん治療をした人全員が当てはまるわけではありませんが、「腟の中が乾いているような気がする」「おりものの量が減り、すれるような感じがする」といった変化を自覚している人が多く、それが挿入の妨げになることもあるようです。

(5)処女膜強靱など、生まれつきの原因

腟の入り口にある処女膜には孔が開いていて、そこから月経血や分泌物が排泄されたり、セックスのときにペニスが挿入されたりします。

処女膜は伸び縮みをするのですが、その度合いには個人差があり、なかには「処女膜強靱症」と呼ばれるほど処女膜が硬く、挿入ができないことがあります。

こうした生まれつきの原因により、物理的に挿入が妨げられるケースは、ほかにもあります。たとえば腟中隔(ちつちゅうかく)といって、腟の中に隔壁(かくへき)と呼ばれる壁が残り、腟が二つに分かれている場合です。いずれの場合も、それが原因とわかれば、手術をして治療します。

心の問題の主な原因

挿入障害の原因として、心の問題があげられることも少なくありません。むしろ「挿入障害は基本的に心因性の疾患」であるともいわれています。

腟に何かを挿入するという行為そのものや、関連する行為への恐怖が元になって、挿入を拒絶してしまうことがあるようです。考えられる問題には、以下のようなものがあります。

(1)セックスに嫌な思い出(性的外傷体験)がある

性的外傷体験とは、性的暴行や虐待などを受けた経験のことです。そうした外傷体験を受けた人の心には、トラウマ反応と呼ばれる心の変調が起こることがあります。

過去にセックスにおける嫌な経験があり、「挿入が怖くてできない」と感じる場合は、このトラウマ反応の一種と考えられます。

(2)「セックスが怖い」と思っている

トラウマ反応とまではいかなくても、セックスに対する恐怖心が挿入の妨げになることがあります。

たとえば、性交痛がある場合に「どうせまた今回も痛くて入らないだろう」という先入観を抱いたり、「望まぬ妊娠をしたら、どうしよう」という恐怖にも似た感情を覚えたり、セックスに対する否定的なイメージがあると、挿入がうまくいかないことがあるようです。

(3)セックスをすることに罪悪感・嫌悪感がある

セックスをすることに「不潔なこと」「はしたないこと」「恥ずかしいこと」というマイナスの価値観を持ち、罪悪感や嫌悪感を抱いていると、性的興奮が妨げられて性反応が正しく起こらず、挿入できないことがあります。

性反応とは、性的な刺激を受けて体に現れるさまざまな反応のことで、この場合はクリトリス・小陰唇の膨張や、腟粘膜からの体液(潤滑液)の分泌などを指します。

(4)うつ傾向がある

挿入障害を訴えて医療機関を訪れる人には、心身症や神経症など、いわゆる「うつ」の傾向が強い人が多いといわれています。

憂うつで気分が重い(抑うつ気分)、何をしても楽しくない、何にも興味がわかない、イライラして落ち着かないといった気持ちが長期間続くようであれば、うつ傾向のサインかもしれません。

その他の問題の場合

女性の心や体の要因だけでなく、セックスのやり方やパートナーの側の問題などで挿入ができないことも、意外と多いようです。たとえば以下のような原因が考えられます。

(1)無理のある体位で挿入している

日本ではセックスのスタンダードを学ぶ機会がほとんどないためか、難しい体位で挿入をしようとして、失敗しているケースがあるようです。

比較的挿入しやすいとされるのは、正常位です。女性があおむけになるため、力が抜け、ペニスを受け入れやすくなっているからです。挿入しやすい体位については、のちほど詳しく説明します。

(2)パートナーとの体格差がある

ペニスを挿入する際に、パートナーとの体格の差により性交が困難であったり、性交痛を生じたりする可能性があります。そのほか、体力がないことが挿入を妨げることもあるようです。

(3)男性の準備が整っていない

男性側の要因で挿入ができないことも考えられます。男性器は性的興奮が高まると、血液が充満し、勃起が起きます。しかし、何らかの原因で勃起が不完全な場合、挿入ができないことがあります。

お酒の飲み過ぎなどによる一時的な勃起不完全のこともありますが、中には勃起障害(ED)を発症していることも。

EDの原因はさまざまで、たとえば加齢、喫煙、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、うつ病、前立腺肥大症、慢性腎臓病、睡眠時無呼吸症候群、神経疾患などがあります。また服用中の薬剤による副作用が原因でEDとなる場合もあります。

次ページ:挿入をスムーズにするための対処法

SHARE