お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合う前のデートのポイント14個。男女別に脈ありサインも解説

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

好きな人とのデートにこぎ着けたら、成功させて関係を進展させたいですよね。そのためには、時間や場所、服装など準備すべきことがたくさんあります。そこで今回は、恋愛コラムニスト・さかもとみきさんに「付き合う前のデートのポイント」をまとめて教えてもらいました。デート中に分かる脈ありサインも男性心理や女性心理を交えながら解説します!

「これからどうなるかな……」なんて思いながら向かうデートほど、ドキドキするものはありませんよね。

付き合う前のデートは、お互いの印象が決まり「これからどうしたいか」の気持ちも固まってくるもの。

今回は、そんな付き合う前のデートを成功させるために大事なことと、デート時の脈ありサインをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

いつがいい? 付き合う前のデートのおすすめ時間

関係を進展させるためには、お互いが探り合いをしている序盤でも受け身にならず、自分から提案するのが大切です。とはいえ自己主張し過ぎない工夫をしましょう。

(1)お昼スタートがベスト

付き合う前のデートは、警戒心を抱きにくいお昼スタートがいいでしょう。食事をしたい時は、お昼ご飯に誘うのもありです。「ランチがおいしいお店があるんですけど、一緒にどうですか?」など、お昼にしらふで会える誘い方をしてみてください。

(2)相手が選べる2択で提案

何かしら自分から提案する場合は2択を用意してみましょう。例えば、お昼デートならランチを一緒にするか、お互いに食事を済ませてから14:00ごろに落ち合うかなどの提案がおすすめ。「こちらの都合を考えてくれているな」と、好印象を与えられるでしょう。

お店も、ちょっと背伸びしたお店とカジュアルなお店の2択で提案してみると相手は選びやすいはず。「2人で決めたこと」なので対等感も出ます。

(3)解散時間まで共有する

待ち合わせの時間だけでなく、できれば解散時間も共有しておきましょう。そうすれば相手は不安が減り、安心してデートができます。

次ページ:おすすめは? 付き合う前のデートの場所

SHARE