お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏と別れたい。別れたいサインで彼に察してもらう方法

高見綾(心理カウンセラー)

彼氏と別れたいけど、さまざまな事情があって、直接別れを告げる勇気がない。そんな時には、別れたいサインを出すことで彼氏に気付いてもらうというのも1つの方法です。今回は、別れたいと言えない女性の心理、彼氏と別れたい時に女性が出すサインについて、心理カウンセラーの高見綾さんに解説してもらいました。

彼氏と別れたいけど、「口に出して伝えるのはちょっと……」と思っている人もいますよね。別れたいのに言い出せない状況は、何とももどかしいものです。

そこで今回は、なぜ別れたいと言えないのか、その女性心理を詳しく解説しつつ、彼氏と別れたいと思った時に使える「サイン」についても紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

彼氏に別れたいと言えない女性心理とは?

まずは、彼氏に「別れたい」と言えない女性の心理を解説します。

(1)彼氏を傷つけたくないから

彼氏が自分のことを好きな場合は、別れを切り出すと相手を傷つけることになってしまいます。

誰も傷つかない別れなどはないものですが、それでも「なんとか傷つけずに済む方法はないか?」と考えるあまり、言い出せなくなってしまうのです。

(2)自分が悪者になりたくないから

別れたいと言われる側はもちろん傷つくものですが、別れを切り出す側も「悪いことをしてしまった」「相手を傷つけてしまった」という罪悪感に襲われるものです。

「自分が悪者にはなりたくない」という気持ちが強いと、なかなか言い出しづらくなってしまうでしょう。

(3)別れた後に気まずくなりたくないから

例えば、彼氏と職場や趣味が同じで、一緒に遊ぶ共通の仲間がいるような場合は、別れた後も彼氏との友達関係は維持しておきたいと思うこともあるはずです。

できるだけ穏便に済ませたい気持ちがあるので、余計に別れを言い出しづらくなってしまうのです。

(4)別れたい理由が明確になっていないから

別れたいと思っているということは、一緒にいても楽しいと思えなくなってしまったなど、それなりの理由があるものです。

しかし、ある程度付き合った仲であれば情もあるでしょうし、彼氏の全部が嫌いというわけではないこともあるでしょう。

なぜ別れたいのか、自分の中で理由が曖昧だったりすると、上手に説明ができないことで自信がなくなり、言い出せなくなってしまう女性もいます。

(5)面倒事は避けたいから

別れることに彼氏が納得していない場合は、どうしてもごたごたするものです。そういった面倒事は避けたいと思っている女性は、別れたいと言えなくなってしまう傾向があります。

せっかく別れたいと言えたとしても、口が達者な彼氏に「俺のダメなところは直すから」などと言いくるめられてしまうのではないかと恐れているケースもあります。

彼氏に強く出られてしまうと、弱気になって自分を貫き通せないタイプの女性に多い心理です。

次ページ:別れたいサインを出す時の注意点や心構えとは?

SHARE