お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏・彼女との話題に悩んだら。絶対盛り上がる10の会話ネタ

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

彼女や彼氏との会話を盛り上げるポイント

実際に恋人と会話をする際、盛り上げるポイントは、直接話す場合やLINE・メールなど、シーンによって異なります。

まずは、お互い一番負担が掛からない、かつ満足度が高い方法を模索しましょう。その上で、以下のポイントを意識してみてください。

デート中や電話の場合

デート中や電話で話す場合は、相手の表情や声のトーンで感情の機微が伝わるため、お互いの距離感や温度感が分かります。

それは相手も同じで、おざなりに返事をしたり、他事に気を取られていたりすると「もしかして今、楽しくないのかな……?」と思われてしまうので注意が必要です。

デート中や電話の際は、相手にしっかりと向き合うのが鉄則。向き合ってくれていると思うと、相手は「ちゃんと話を聞いてくれている」と感じ、安心しやすくなります。その上で上手なネタ振りができれば、会話は盛り上がるはずです。

(1)相手の話をきちんと聞く

話を適当に聞き流していると、相手に伝わります。そうすると相手もテンションが下がり、話をしたくなくなってしまいます。相手が話し出したら目を見て聞く、スマホは置くなど気を付けてみてください。

(2)リアクションを大きくする

会話する時に大事なのは「聞いているよ」という姿勢です。一番いいのは、相手の話に興味を持つことですが、たとえ興味がなくても、「すごい!」「大変だったね」などの分かりやすい反応を心掛けてください。

(3)時々質問する

会話は、キャッチボールです。一方通行だと、盛り上がりません。相づちだけじゃなく、「それでどうしたの?」などの質問で「興味があるよ」「気になるよ」という意思表示をしてみましょう。

(4)笑顔や笑い声を盛り込む

気持ちよく会話するには、楽しいと感じられる状況を共有するのが一番。重要なのは、笑顔や笑い声です。笑顔を見たり、笑い声を聞いたりすると、相手も安心してどんどん話せます。

(5)感謝や尊敬する部分を伝える

会話を盛り上げるポイントとは少し違いますが、せっかく恋人と直接話せるなら、感謝やうれしい気持ち、尊敬する部分などを伝えるのが個人的におすすめです。

うれしそうに笑顔で「ありがとう」などと伝えると、相手はすごく喜んでくれるはずです。

LINEやメールの場合

続いて、LINEやメールなど対面ではない会話で盛り上げるポイントを紹介します。

(1)なるべく短い文章を送る

LINEやメールは、便利ですが、すれ違いが起こりやすいツールでもあります。重めの内容を送って、相手の状況が分からない時に反応を求めて待つことはストレスになるし、求められる方も負担になりがち。

長文などは控えて、簡単なやり取りをするツールという意識を持った方が楽しく会話できます。

(2)スタンプや絵文字を上手に使う

スタンプや絵文字は、気軽に気持ちを伝えられて、「こんなの使うんだ!」といった意外性も出せる便利なアイテムです。会話のテンポもよくなり、うれしい気持ちや楽しい気持ちを共有しやすくなります。

(3)写真を送る時は説明や気持ちも送る

女性によくあるのが、写真だけ送って「反応がない」と落ち込んでしまうパターン。男性は「何?」と反応に困っていることが少なくありません。「髪切ったよ! 似合うかな?」など、写真の状況と求める反応を送ると、会話しやすいです。

(4)面と向かっては言えないことを伝える

面と向かって言うのがどうしても恥ずかしいことがある場合でも、LINEやメールなら送りやすいですよね。「大好き」や「もっと一緒にいたかった」なども言いやすく、相手も喜ぶはずです。

次ページ:焦らずに会話を楽しもう

SHARE