お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋愛が苦手な人の特徴とは? 原因や克服方法を紹介

秋カヲリ

恋愛への苦手意識があって、なかなか恋人ができない。そんな悩みを持つ人もいるのではないでしょうか? 自分の時間が欲しいから、人付き合いや会話が苦手だからなど、恋愛が苦手な理由はさまざま。今回は心理カウンセラーの秋カヲリさんに、恋愛が苦手だと思う原因、男性・女性に共通する恋愛が苦手な人の特徴、克服する方法を教えてもらいました。

恋愛は感情のアップダウンが激しくなりがちなので、それを理由に苦手と感じる人は一定数いますし、苦手でもおかしくはありません。

恋愛する自由もあればしない自由もあるのですが、もし「苦手意識を克服して恋愛がしたい!」と思っているなら、克服する方法を試してみてはいかがでしょうか。

今回は、恋愛が苦手だと思う原因や恋愛が苦手な人の特徴、克服する方法を解説します。

「恋愛が苦手」と思う原因とは?

そもそも、なぜ恋愛を苦手だと思うのでしょうか?

そう感じる原因を解説します。

(1)恋愛感情が重荷に感じるから

恋人には友人よりもさらに深い関係を望むものですが、あまり恋愛感情を抱かない人にとっては、他人からの深い愛情が重荷に感じることがあります。

友人関係ぐらいの距離感がちょうど良いのに、恋人関係になるともっと近づかなければならないと感じ、それが心理的な負担になってしまうのです。

(2)自分の時間を確保したいから

元々1人の時間が好きな人の中には、恋愛に時間を割くのが面倒に感じる人もいます。

恋人ができると、頻繁に会ったり、連絡をまめに取ったり、休日にデートをしたりと、たくさんの交流が生まれがち。

そうすると必然的に1人の時間が減ってしまうため、自分の時間を大事にしたい人にとって「恋愛は面倒なもの」という意識になりがちなのです。

(3)他人と距離を置きたいから

「他人とは距離を置いて、あまり深い関係にはなりたくない」と思っている人もいます。

そこそこ仲が良い友人がいれば十分で、恋人関係はそもそも望んでいない、というタイプです。

当然恋愛にも興味はなく、恋愛への苦手意識は強いでしょう。

次ページ:恋愛が苦手な人の特徴とは?

SHARE