お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

リマインドメールの書き方や注意点・例文を紹介

三上ナナエ(マナー講師)

シチュエーション別でのリマインドメール例文

それでは実際に、シチュエーション別でのリマインドメール例文を紹介していきます。

取引先へ打ち合わせ日程のリマインドメールを送る場合

例文

いつもお世話になっております。○○社の田中でございます。

来週の打ち合わせにつきまして、改めてご連絡させていただきます。

日時:日時:○月○日(金)15時〜
場所:弊社
内容:来期イベントの概要決定

私共は担当課長の○○が同席の予定でございます。

お忙しいところご足労いただき恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。

取引先へ案件の締め切り日のリマインドメールを送る場合

例文

大変お世話になっております。○○社の○○です。
さて、かねてからお願いしておりました、○○の企画案についてですが
ご尽力いただき感謝申し上げます。

いよいよ来週○日に先方に提出予定ではありますが、何かお困りのことなどはございませんでしょうか。

私共でできることがございましたら、なんなりとお知らせくださいませ。

お手数をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

社内へ食事会のリマインドメールを送る場合

お疲れ様です。○○課の鈴木です。

さて、来週の昼食懇親会について再度確認の連絡です。

日時:○月○日(火)12時
場所:○○(地図を添付しました)
予約名:鈴木
参加費:2,000円
参加人数:現在、○人の参加予定

当日の連絡先 090-××××-××××(田中の携帯)

恐れ入りますが出欠の連絡が取れていない方は金曜日17時までに田中まで連絡いただけると助かります。

お手数をお掛けしますが、よろしくお願いします。

次ページ:リマインドメールへの返信内容

SHARE