お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「御社」の意味とは? 「貴社」との使い分けを解説

大部美知子

「御社」と「貴社」の使い分けに悩んだことがある人も多いのではないでしょうか? 今回はそんな両者の使い分けについて、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに解説してもらいました。

プライベートでは「あなたの会社」で通用する表現も、ビジネスシーンでは相手に失礼にならないように状況に合わせて「御社」や「貴社」を使い分ける必要があります。

今回は、社外のお客さまとのコミュニケーションや自身の就活時に使用する「御社」の使い方について、紹介していきます。

「御社」という言葉の持つ意味

御社は「おんしゃ」と読み、相手の会社を敬った表現です。

漢字の意味としては、会社の「社」に敬語表現の接頭語である「御」を付けて尊敬の意を表しています。

「御社」と「貴社」の使い分け

まず「御社」と「貴社」の違いについてですが、どちらも相手の会社を敬う表現で、意味やニュアンスは同じです。

両者の使い分けは、対面での会話か、メールや書面でのやり取りかで変わってきます。

社外の人との商談や就職・転職活動での面接など、改まった場面での話し言葉として使うのは「御社」。

そして履歴書・職務経歴書・メールなどの書き言葉として用いるのが「貴社」です。

「貴社の記者が汽車で帰社した」などの例文があるように、「貴社」は同音意義語が多いため、話し言葉で用いると相手を混乱させてしまいかねません。

「御社」は話し言葉として使われますので、メールなどの書き言葉として使用すると、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性も。

そのため、特に就活・転職活動での書類作成時や面接時には、第一印象を左右する場合もありますので気を付けましょう。

次ページ:「御社」と「貴社」はどんな時に使い分ける?(例文付き)

SHARE