お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

人を好きになるきっかけとは? 男性と女性の恋愛心理の違いをチェック

森川陽介(心理カウンセラー・講師)

誰かを好きになるきっかけは些細なことなのかもしれません。でも、気になる相手がいると、どうすれば自分のことを好きになってくれるのか知りたいですよね。恋愛心理に詳しい心理カウンセラーの森川陽介さんは男女で人を好きになるきっかけは大きく違うと言います。どういうことなのか話を伺ってみました。

男性と女性では、人を好きになるきっかけに大きな違いがあるといわれています。

基本的に、男性は視覚を使って人を好きになり、女性は五感をフルに使って人を好きになるようです。

そんな男女の違いを、それぞれが恋に落ちる瞬間の例を見ながら解説をしていきたいと思います。

女性が人を好きになるきっかけとその心理

それでは、具体的に女性はどのようなきっかけで人を好きになるかについて例を挙げてみましょう。

(1)ここぞというときに男らしさを感じた瞬間

ここぞというときに男らしさを見せる男性に女性は惹かれるようです。

職場などで重い物を持ってくれたというような身体的な男らしさから、心細いときや不安な気持ちのときに力強い言動で助けてくれたというような精神的な男らしさまでシーンはさまざまです。

(2)普段見せない優しさを感じた瞬間

 

思いがけない優しさも女性にとってはうれしいポイントのようです。

特に、厳しい、真面目すぎる、女心の分からないヤツなどと思ってちょっと警戒している相手の場合、思いがけない優しさに触れた時、そのギャップで恋に落ちることがあるようです。

(3)女性として大切に扱ってくれた瞬間

自分を女性として大切に扱ってくれているかということも大事なポイントです。

レディーファーストが自然にできる男性や、女性の小さな変化にも気付いて褒めてくれる男性を嫌いな女性は少ないのではないでしょうか。

(4)一生懸命に物事へ取り組んでいる姿を見た瞬間

仕事でも、趣味でも、何かに一生懸命に打ち込んでいる姿は男女問わず素敵に見えます。

特に、打ち込んでいる事柄に女性が共感することができれば、母性本能豊かな女性はそんな男性を応援してあげたい、支えてあげたいと思うことが多いようです。

(5)男性としてのセクシーさを感じた瞬間

かわいらしい男性が好きという女性ももちろんいますが、スーツ姿や、低い声、落ち着いた雰囲気など大人の男性が持つセクシーな要素に惹かれる女性も多いのではないでしょうか。

次ページ:男性が人を好きになるきっかけとその心理

お役立ち情報[PR]