お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

今さら聞けないオンライン飲み会の楽しみ方

マドカ・ジャスミン

外出自粛要請により、急速に普及したオンライン飲み会。その楽しみ方のコツを、オンライン飲み会専用LINEグループを主催するコラムニストのマドカ・ジャスミンさんが解説。ツール選びのポイントや、トークテーマを紹介します。

新型コロナウイルス感染症の流行による外出自粛要請が出てから、一カ月以上の時が経った。バーやカラオケ、飲み屋といった遊び場へ行けない、友人たちともなかなか会えない、新しい出会いの場に赴けないといったフラストレーションに苛まれる一方、“そのために必要なものは全てそろっている”と言わんばかりに新しいカルチャーがもう生まれている。

それこそが、オンライン飲み会。

新しいカルチャーと紹介はしたものの、ぶっちゃけオンライン上での飲み会自体は私の記憶の限りでは10年以上前から存在する。音声通話やビデオ通話ではなく、テキストチャットを用いたものであれば、ざっくり20年ぐらい前から行われているのだ。

なので、長年のインターネットヘビーユーザーにしてみれば、さほど目新しさはない。ただ、ここ10年でスマートフォンが普及し、それに伴いコミュニケーションサービスも劇的な進化を遂げた。その点において、昔よりもオンライン飲み会へのハードル自体は下がったと断言できる(Wi-Fiじゃなくて、無線LAN呼びだったあの時代が懐かしい)。

オンライン飲み会、やったことある?

カルチャーのリバイバルがごとく、世間に広く認知され始めたオンライン飲み会。

最近では、地上波の情報番組にも取り上げられるなど、さらに認知度と注目度は上がっていくと予想できる。しかし、個人的には、ブームが起きているのはインターネットリテラシーが高い層のみの話だと感じざるを得ない。

私自身も4月1日からオンライン飲み会専用LINEグループ(主にZoomを利用)を主催しているが、現在所属している計30人のメンバーもやはりインターネットリテラシーが高い人たちばかり。オフはおろか、ビジネスツールとしてSNSを用いていることもザラ。

一見、「当たり前」に感じることですら、大多数の人間からすれば特異なのである。そして、その延長線上にオンライン飲み会があるという認識だ。

この記事に辿り着いたあなたは、すでにインターネットリテラシーが高い、もしくは高くありたいと思っている人だろう。コロナ時代の今、家で出来ることを模索するのは賢い。

おすすめのツールは?

スマートフォンの普及と比例するかのように、この10年間でありとあらゆるコミュニケーションサービスが生まれては消え、また生まれて、を繰り返してきた。

過去のオンライン飲み会で用いるサービスはSkype一強だったが、今ではさまざまなサービスをユーザーが使い分けることが主流となっている。

その中でも、昨今のオンライン飲み会で多くの人が利用している二大サービス、ZoomとLINEに注目。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分や周りのニーズに合致しているサービスを用いてみよう。

Zoom

URL:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

メリット

PC版とスマートフォン版共にバーチャル背景を設定できるので、部屋を映さずに済み、さらにはその背景自体がネタとなる。

SNSで相互アカウントでなくても、URLをシェアするだけで参加可能なので、ツール上で「友だち」のようにアカウント同士がつながる必要はない。ゆえに飛び込み参加も容易い。また参加の段取りや入退室がラクという点も◎。

デメリット

3人以上のミーティングを40分以上行う場合、ホスト(ミーティングを作る人)が有料プランに登録している必要がある。アップデートは迅速だが、セキュリティ問題が取り沙汰されている。

「Zoom飲み」というワードが流行っているが、Zoomを使う特化した理由は現段階ではない。

LINE

URL:https://line.me/ja/

メリット

サービス自体が生活に根付いているので、心理的ハードルがないに等しい。

スマートフォン版であればフィルター機能が充実しているので、すっぴんで過ごしている女性も顔出しをしやすい。元々友人関係であれば比較的誘いやすく、地元の友達を始めとした既に親密な人たちとのオンライン飲み会に最適。

デメリット

PC版のフィルター機能があまり充実していない。

加えてLINEで友達追加をしていなきゃいけなかったり、共通のグループに参加していなきゃいけなかったりするなどの必須条件があるので、新規の出会いの場には向いていない。初対面の人にも自分のLINEアカウントを知られることに抵抗感を抱く人もいる。

その他ツール

その他、オンライン飲み会で使えるサービスはこちら。これを機にチェックしてみるのもいいかもしれない。

Skype

URL:https://www.skype.com/ja/

Googleハングアウト

URL:https://chrome.google.com/webstore/detail/google-hangouts/nckgahadagoaajjgafhacjanaoiihapd

Microsoft Teams

URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software

BlueJeans

URL:https://www.vtv.co.jp/cloud/bluejeans/bluejeans.html

次ページ:オンライン飲み会の楽しみ方

お役立ち情報[PR]