お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大人になってもドキドキしたい! 人生が楽しくなる3つの方法

E子

皆さんは社会人になってからドキドキしていますか? すっかりそんな感情にご無沙汰になっている人へ、30代独女のコラムニストE子さんから伝えたいことがあるそう。ドキドキしていないとどうなるのか? ドキドキすることの良さとは?

大人になると、だんだんと「生きること」自体に慣れてくる。人生が生きやすくなり、安定・安心の日々……。

こんな落ち着いた日々を求めている人もいるだろうが、そうだとしても、あまりに「凪」の状態が続くと、退屈にもなってくるものだ。

女の人生には適度に「刺激」が必要。そう、ドキドキという刺激が。

あなたは今、ドキドキしてますか?

 

皆さんは今、ドキドキしていらっしゃるだろうか?

大人の女性であれば、週に二、三度でもドキドキすることがあれば、十分「ドキドキしている」といえるだろう。

そのくらい、社会人になるとドキドキする機会がなくなってくるものだ。

社会人になるとドキドキしなくなる3つの理由

なぜ、社会人になるとドキドキしなくなるのか。もちろん加齢にともなう心理状態の変化なども考えられるが、それ以外にも原因はあると思われる。

(1)仕事に没頭している

一番の要因はこれだ。平日、月曜~金曜まで仕事のことを一生懸命考えている。

恋愛と仕事の両立は、なかなかに難しい。スイッチのオンオフを切り替えるようにモード変換しなければ、まともにできるはずがないのである。

試しに、彼氏とラブラブしている最中に、翌週のプレゼンについて考えてみてほしい。

準備に漏れはないか、オーディエンスからはどのような質問が来るだろうか、それに対する回答の準備、それぞれのエビデンスは十分だろうか……? と。

どうだ、集中できないだろう。

逆も同じで、仕事中にやたらと恋愛のことを考えたり、気になる先輩を見つめてドキドキしているようでは作業効率が落ちるというもの。

真面目な社畜である皆さんは、仕事に没頭するあまり、恋愛スイッチを稼働できていないのだ。

(2)社内にイケてる独身男性がいない

これも由々しき事態である。もちろん社内でなくてもいい。定期的に職場に顔を出す、配達員でもいい。どこか、視界に入るところにいい男がいればいいものだが、現実はそうスイートなものではない。職場は既婚のおじさんばかり。もしくは同性だらけ。そんな女性も多いことだろう。

恋人でなくても、ちょっと気になる男性だとか、見るとテンションが上がるイケメンというのは我々の心を潤してくれる、大切なオアシスである。

しかし、そういった存在がいないとなると、「あの人は私のこと、どう思っているのかな」などと男性心理に思いをはせる機会もゼロ。

面白いことなど何もない。ますます仕事がはかどって、社畜がサマになってくる。

(3)好きな芸能人がいない

社畜を極めた皆さんは、家に帰ってTVを見る余裕もないだろうか。正直、私は最近まるでTVを見なくなった。

できれば疑似恋愛や妄想の題材はリアルで身近な人物であることが好ましいが、そういった存在が見当たらないのであれば、芸能人を好きになることも有効な手段である。

しかし、ティーンエイジャーの頃とは打って変わって疲れ果てた皆さんは、とにかくアイドルにキャーキャー言う余裕さえなくしてしまったのだろう。これこそ、日本社会の闇である。

次ページ:ドキドキしていないと起こる2つの問題

SHARE