お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

好かれる人は無意識にやっている「ミラーリング効果」

高見綾(心理カウンセラー)

ミラーリングとは、鏡のように相手を真似ることで、好感を持たせる心理テクニックのこと。好かれる人は無意識にこのテクニックを使っていることでしょう。今回は恋愛で使えるミラーリングのやり方を心理カウンセラーの高見綾さんに教えてもらいました。

「ミラーリング効果」という言葉をご存知でしょうか。

ミラーリング効果とは、自分と同じようなしぐさや表情をする相手に自然と好感を抱く心理効果のことをいいます。

代表的なミラーリングには、

・飲食店で同じものを注文する
・同じタイミングで食べたり飲んだりする
・同じテンションで話す
・同じ表情をする
・相手の言葉をそのまま繰り返す
・同じタイミングでトイレに行く

などがあります。

今回は恋愛に効果的なミラーリングのやり方を具体的に紹介しますので、ぜひ活用してみてくださいね。

なぜミラーリングが効果的なのか

なぜミラーリングをすると好意を持ってもらえるのでしょうか。

初対面の人でも地元が一緒だと話が盛り上がるように、私たちは共通点のある人に対して親近感を抱きます。「自分と似ている」と感じたときに自然と好感を持つのです。

また、私たちは好きな人や興味のある人の真似をします。子どもが、親が食べているものと同じものを食べたがったり、親の言葉遣いを真似たりするのはそういうわけです。

仲の良い友達同士やカップルの雰囲気がどこか似ているのは、似ているから仲が良い一方、好きだから自然と真似をしているというのがあるのでしょう。

人間関係が上手な人は、無意識のうちにミラーリングをしていることが多いです。真似することで、「あなたに好意を持っています」「あなたに興味があります」というメッセージを相手に送っているのです。

次ページ:恋に効くミラーリングのやり方

お役立ち情報[PR]