お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好かれる人は無意識にやっている「ミラーリング効果」

高見綾(心理カウンセラー)

注意するポイントは「自然に」行うこと

ミラーリングの最大のポイントは相手に「自分と似ている」と思ってもらうことです。

相手が「真似された」と思ったらむしろ逆効果。あくまでも自然にさりげなく行いましょう。

慣れるまでは難しいので、まずは簡単なものから取り入れるようにしてください。

自然に見える動作とは?

比較的簡単にでき、かつ、相手に気付かれにくいのは、

・会話のテンポを合わせる
・相手の言葉を繰り返す
・歩く速度を相手に合わせる
・同じものもしくは似たものを注文する

などです。

動作を真似るのは難易度が高い

難しいのは相手の動作を真似ること。相手が気付かないくらいさりげなく行わないと、不自然に映ってしまいます。

また、品のない言葉遣いや、足や腕を組むしぐさ、髪の毛や顔を頻繁に触る癖など、いい印象を与えない言葉や動作については、相手がしていても真似をしないほうがいいでしょう。

ミラーリングはあくまでも自然にさりげなく

ミラーリングは仲の良い友達同士やカップルなどでは、自然にやっていることばかりです。

あまり考えすぎず、まずは、会話のテンポや表情を合わせたり、同じ言葉を使ったりといった、簡単なことから取り組んでみましょう。

相手が「この人とはウマが合う」「この人は自分のことを理解してくれる」と感じると、2人の距離がぐっと近づきます。

恋愛だけでなく職場の人間関係にも使えるテクニックですので、いろいろ試しながら活用してみてくださいね。

(高見綾)

※画像はイメージです

※この記事は2020年04月04日に公開されたものです

高見綾(心理カウンセラー)

“質上げ女子”のカウンセリングをメインで行っている。電話、面談(ZOOM、名古屋)によるカウンセリングや講座を中心にあなたのお悩みをサポート。

大学卒業後、民間企業の経理・財務業務に従事。自身の悩みを解決するために心理学を学びはじめ、人生がうまくいくためには特定の法則があることに気づく。豊富な臨床経験から、心の世界で学んだことを現実に活かすアプローチに高い評価をいただいている。

著書は「ゆずらない力」(すばる舎)。他、PHPスペシャルに記事を寄稿するなどマルチに活動中。

高見綾のブログ https://takamiaya.com/

 

この著者の記事一覧 

SHARE