お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジでむかつく! 職場でイラっとするエピソード&対処法

ぱぴこ

職場でど~してもイラっとする上司や先輩・後輩といった同僚たち。そんな人たちへの鮮やかな対処法を、外資系企業で働くOLコラムニストのぱぴこさんが教えてくれました。どの方法もスッキリすること間違いなし。毎日イライラしている人、必見です。

職場で心身ともに穏やかに過ごせていますか?

私はここ数カ月「1日1回イライラする」という途方もなく悲しい事態に見舞われています。正直、仕事のストレスは生活全体に影響します。完全に酒量が増えていてヤバい。

そんな週5で過ごす職場でのイラっとするエピソードについて、今回は書いて供養しますよ! うなれ! 私のバチギレエピソード!

職場でのイラっとするエピソード

職場でのイライラにはいくつか種類があります。

上司に対するイラっ

最もよくある「上司に対するイラっ」です。私のイライラは今100%上司のせいです。いつ葬ってやろうかと考えています。

(1)仕事を一切しないで押し付けが激しい

「仕事をしない上司」という都市伝説がありますが、存在します。

その中でも最もムカつくのが「しないだけでなく、仕事を押し付けてくる」ということではないでしょうか。

本来上司の仕事のはずなのに、責任はとらないで、仕事だけ押し付けられ、うまくいけば上司の手柄、ミスれば自分のせい……なんてことになったら、イラっとするを通り越して殺意を抱きますよね。

(2)決定しないため、進捗が息をしていない

上司と呼ばれる管理職がやることは「決定」なのですが、たまに何も決めない上司が発生しています。

決定権がある人が決定をしないため、何も前に進まない。そのため進捗もクソもなく仕事が進まない。そんな時はイライラが募ります。

先輩に対するイラっ

上司とは言えないけれど、目上の先輩や同僚にイラっとする場合はどうでしょうか? 概ね上司と同じ方向性ですが「決定権がない」点が最も違うポイントでしょう。

(1)先輩というだけで無駄に偉そう

仕事上は特に助けられもしないのに、「先輩」という肩書だけでやたら上から目線をカマされると、菩薩でもないかぎりイラっとするのが人というもの。

何かと雑用を押し付けられたりした日には心のデスノートに記載まったなしです。

(2)仕事が遅くて雑だが、指示だしはいっちょ前

目上=仕事ができる、というわけではありませんが、先輩・後輩という間柄で、先輩のほうが仕事ができないとなるとイライラはたまります。

さらに指示はいっちょ前に「上から」の場合、イライラゲージの溜まり方も半端ないです。

後輩に対するイラっ

(1)タメ口を使うなど態度が悪い

無駄に先輩風を吹かせたいわけではないものの、後輩に「タメ口」をきかれたらイラっとしますよね。

しかも何度注意しても態度がまったく変わらなかったら? イライラは募るばかりです。敬ってくれとは言わないが、せめて常識的に接してほしい……。

(2)相談なしに勝手な判断で行動してくる

確認・相談なしに、独自に判断して事故を起こすタイプの後輩を持ったときも心配とイライラがつのります。

チェック前の資料を送付したり、外に出したらまずい資料を出してしまったり……。失敗はつきものですが、「確認」なしに何度も突撃するタイプには骨が折れます。

次ページ:人をイラっとさせる人の特徴

SHARE