お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「仕事を押し付ける人」の3タイプ【のび太・スネ夫・ジャイアン型】

ぱぴこ

仕事を押し付けてくる上司や仕事ができない後輩。板挟みになって苦しんでいる人は多いもの。自分のプライベートを守るためにも、どうすれば仕事の押し付けから逃げられるのか、知りたいですよね。人気コラムニストのぱぴこさんに、上手な回避方法と心構えについて教えてもらいました。

「自分のことは自分でやりましょう」。

幼稚園の標語として掲げられそうなこの言葉。守れない大人が多いのはなぜでしょうか?

会社内で発生する「仕事の押し付け」という悲劇。溢れる業務、奪われるプライベート、評価は横取り……なんてことが起こるとイライラは止まりません。

「それ、私の仕事じゃありません」なんて言うとカドが立つ……でも、実際私の仕事ではないのでは!? というストレスを抱える人は案外多いものです。

今回はそんな「仕事を押し付ける困った奴」との付き合い方を考えてみましょう。

もしかして、足元見られている? 仕事の押し付けエピソード

「仕事を押し付ける奴ら」は「押し付ける相手」をナメてかかっているから頼むのでしょうか? 足元を見られているようでやってられないな……と悩みますよね。

実際、どんな仕事の押し付けがあるのか「あるあるエピソード」を確認しましょう。

(1)「ちょっとだから」が積もり積もって業務の山に!?

「これ、ちょっとやっておいてくれない?」。

「ちゃちゃっと修正しておいて」。

「じゃあ、これも一緒にお願いしてもいい?」。

仕事を押し付ける人は、こんな風にいとも「軽く」仕事をふってきます。

「ついでに」「ちょっと」「簡単でいいから」と、さも「新規の仕事ではなく追加、及び修正ですよ」という雰囲気を出してくる点が曲者です。

「しょうがないなぁ」と受け取っていると、気がついたら自分の仕事は山のよう。「ちょっと」と押し付けてきた相手は、るんるんで帰宅する……という地獄が広がります。

(2)気がついたら全部自分!? 巻き取りと調整の嵐

中間管理職であることが多いアラサー世代。

部下が「できません!」と仕事を放棄し、上司に訴えても「そこをなんとか」としか言われない板ばさみ。

自分も投げ出したくなるけれど、そうもできずに仕事量が増えて頭を抱えることも多いのではないでしょうか?

若手は働き方改革の恩恵を受け、上はパワハラを恐れてはっきりとした指示を出さない。そんな狭間で仕事を振られるのはアラサーばかり。

結果として会社全体の構造から「仕事を押し付けられている」状況が発生するという現代のホラーが発生します。

次ページ:ドラえもんキャラ別・仕事を押し付けてくる人たち

SHARE