お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

「頭の回転が速い人」の特徴 モテるのはなぜ?

「頭の回転が速い人」というと、「賢い」「空気が読める」など、スマートな考え方と行動ができる、というイメージがありませんか?

テキパキと動いて会話もおもしろい男性は、相手の表情や状況をすぐ見抜き、それに合わせた対応ができるので、性別を問わずモテます。「彼氏にするならこんな人がいいな」と思う女性も多いでしょう。そこで今回は、「頭の回転が速い人」はどんな特徴があるのか、ご紹介します。

頭の回転が速い人とは

頭の回転が速いとは

「頭の回転が速い」とは、ズバリ「賢い」こと。その場の状況に目を配り、話している相手の気持ちや状態をすぐに察することができるので、先手を打った行動が取れます。
ただ「頭がいい」というだけでは、分析することはできても先を読んだ対応までは伴わないことも。頭の回転が速い男性は、理解がスムーズで次に取るべき行動をすぐに思いつき、実際に立ち回ることまでできてしまうのですね。

頭の回転が速い人の特徴

(1)話がおもしろい

頭の回転が速い人は、考えるスピードが速く、会話をしていても、話を聞きながら相手の言いたいことや次の話題などをどんどん思いつくので、話の展開が早くておもしろいのが特徴です。
「今朝も寒かったね」と言えば、「家を出るのがつらいよね」「カイロがあるよ」など、次の言葉が出てきます。

一方で、相手の言いたいことを横取りする一面もあり、オチを持っていかれて消化不良な思いをさせることも。

(2)要領がいい

考えるスピードが速いことは、要領よく立ち回ることにつながります。行動に無駄がなく、その場で一番よい選択ができるので、仕事で重宝されたり友人からよい相談役と思われたり、まわりから一目置かれる存在に。要領がいいことでまわりを出し抜き、人より多く稼いでいるケースもあります。

(3)空気が読める

頭の回転が速い人はまわりに目を配ることを忘れません。人の感情や会話の流れを汲む能力が高いので、たとえばケンカになりそうなときに「それは○○で話そう」と悪い雰囲気を断ち切り、周囲に迷惑をかけることを避けます。空気が読めることで、自分のマイナスになるような行動を控える冷静さも持っているといえますね。

(4)複数のことを同時にこなせる

仕事中、電話で話しながら同時にパソコンで入力も行っている。食事をしながら会議の資料を読み、要点をメモする。頭の回転が速い人は「マルチタスク」も得意です。複数のことを同時にこなせるのは、集中力を自分なりに分散させることができるから。効率よく進めるだけでなく、それぞれちゃんと考えているのでミスがないのも特徴です。

(5)想像力が豊か

思考のスピードが早く、その場に合った対応ができるのは、想像力が豊かなことも要因のひとつ。どんな場面になるか、そのとき人がどう思うかをしっかりイメージできるので、正しい選択ができるのですね。頭の回転が速い人は、人の気持ちに敏感です。そのため、まちがった言動で不快にさせることを避けます。

次ページ:なぜ女性は頭の回転が速い男性が好きなのか

お役立ち情報[PR]