お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

偉そうな人の心理とは? イライラしないための対処法

笹氣健治(心理カウンセラー)

上から目線な言い方、態度が大きいなど、偉そうな人を苦手に思う人も多いことでしょう。彼らはどんな心理でそのような態度を取るのでしょうか。3つに分類される偉そうな人の特徴別に、かかわり方のコツを心理カウンセラーの笹氣健治さんが解説します。

仕事をしていると、偉そうな態度の人に出くわすことが多々あります。

威張り散らす客、横柄なベテラン社員、自慢話好きな上司など、「あなたは何様ですか?」と思わずツッコミたくなる人がそこかしこにいるものです。そんな偉そうな人にイライラせず、うまく付き合っていくにはどうしたらいいか、その方法を考えてみたいと思います。

偉そうな人の特徴って?

偉そうな人ってどんな人でしょうか?

威張る、上から目線、図々しい、自慢する、うぬぼれ、高飛車、横柄、威圧的、無礼、傲慢、といった言葉がイメージされるのではないかと思います。

これらを整理してみると、偉そうな態度や行動は、「尊大な態度」「自慢げな態度」「横柄な態度」の3つに分類できることがわかります。ひとつずつ詳しく説明していきましょう。

(1)尊大な態度の特徴

「わたしはいい大学を出ている」「わたしは高級住宅街に住んでいる」「わたしの彼は大手企業に勤めている」「わたしは誰々と知り合いだ」といったように、自分はほかの人たちとは違う特別な存在であると信じていて、そうでない人を見下すような態度です。

また、自分は選ばれた人間だと思っていて、他人から特別扱いされることを望みます。

(2)自慢げな態度の特徴

自分はこんなにすごい、自分はこんなに優れている、といったことを周りに自慢して優越感に浸る態度です。

自己顕示欲が強く、周りから注目されたい、うらやましがられたいと思っているのが特徴。何度も繰り返し自慢話をしたり、あざとい自己主張のパフォーマンスをしたりして周りから煙たがられます。

(3)高飛車な態度の特徴

他人をまるで自分の家来かメイドのようにあごで使う態度です。

自分の指示通りにやるのが当たり前というスタンスで、自分の仕事を部下や後輩に強制的にやらせたり、レストランやショップの店員に命令したりします。

「なぜあなたにそんなことまで指図されなきゃいけないの?」と思わずムカついてしまう相手です。

次ページ:偉そうな人の心理とは?

お役立ち情報[PR]