お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

偉そうな人の心理とは? イライラしないための対処法

笹氣健治(心理カウンセラー)

偉そうな人の心理とは?

次に、なぜ偉そうな行動や態度をとるのか、先ほどの分類に基づいてそれぞれの理由を解説したいと思います。

(1)尊大な態度を取る心理

この態度を取るのは、とてもプライドの高い人です。ところが、そのプライドは脆くて崩れやすいので、虚勢を張って自分のプライドを守ろうとしているのです。

心のどこかに、「自分は無能で取るに足らない無価値な人間だ」という意識があって、そんな自分を認めてしまうことを恐れるあまり、「自分は特別で選ばれた人間だ」と信じ込むことによって、その恐れを打ち消そうとします。

他人を見下したり、特別扱いされたりすることを求めるのも、「自分は無価値な人間ではない」と自分自身に証明するため必死だから。自分を大きく見せようとしているのです。

(2)自慢げな態度を取る心理

自分の優位性を自慢するのは、有能で優秀な人間だと他人から思われたいという心理です。

なぜ他人からそんなふうに思われたいのかと言うと、自分に自信がないからというよりも、なんとかして自信を持ちたいという切実な気持ちがあるからです。

この態度を取る人は、他人から賞賛されたり、うらやましがられたりすることでしか自分の価値を感じられません。「他人からどう思われようが、自分は自分であって自分の価値は変わらない」という確固たる自己認識が持てておらず、他人からの評価によって自分の価値を確認しようとしているのです。

(3)高飛車な態度を取る心理

この態度は、いわゆるマウンティングです。自分が上司だったり客だったり、相手より優位に立てる場面になると、自分のほうが上であることを見せつけようと、高飛車な態度を取るのです。

他人をあごで使って自分の威厳を示そうとするのは、他人との優劣によってしか自分の価値を確認できないから。自分のほうが勝っていると証明し、安心感を得ようとしているのです。

三者の共通点は「不安定な自己評価」

いずれにも共通するのが、自己評価が不安定だという点です。

その根底にあるのは、「無価値な人間でありたくない」という恐れです。無価値な人間はダメ人間であり、存在価値がない人間である。そういう意識があるために、自分が無価値な人間であると認めるのをとても恐れています。

だからこそ、それを認めないよう無意識のうちに偉そうな態度や行動をしてしまうのであって、自分を守るために必死の抵抗をしているのです。

次ページ:上手な距離感とは? 偉そうな人とのかかわり方

SHARE