お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

断れない人の心理&角を立てずに断る3つの方法

高見綾(心理カウンセラー)

どうしてもお願い! と頼まれると、なかなか断りづらい。断ることで、人間関係が悪くなるかも……と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな人たちに向けて、心理カウンセラーの高見綾さんが、断れない人の心理と上手な断り方を教えてくれました。

頼まれごとやお誘いを本当は断りたいのに、なぜかそれができない。そんな自分を変えたいと思う人も多いでしょう。

今回は、断れない人の特徴や心理を解説します。

断れる自分になるために日頃からできることや、角を立てずに断るためのコツを紹介します。

うまく断れずにイライラ……。断れない人あるある

何か頼まれたり誘われたりすると断れないことってありますよね。

では具体的にどんなシーンでそういったことが起きやすいのでしょうか。いくつかありがちな例を挙げてみるのでチェックしてみましょう。

人の仕事を肩代わりして

職場に時短で働く人がいて、終わらなかった仕事を肩代わりすることになった。

飲み会の幹事を押し付けられて

職場の飲み会で幹事をやってほしいと頼まれた。昨年もやっているから今年は違う人にお願いしてほしかったが断れなかった。

気が乗らないご飯に誘われて

そこまで仲良くない同僚からご飯に誘われた。気が乗らなかったが、「行きます」と言ってしまった。

友達に足として使われて

友達と遊びに行く時に、車出してよと言われ、毎回車係になってしまっている。

雑務の多い町内会の活動を引き受けて

町内会の活動を頼まれて引き受けたが、次第に雑務をたくさん任されるようになり、しんどくなってきた。

人からお勧めされて

美容院でヘアケア商品をお勧めされると、断れずに買ってしまう。

次ページ:断れないことは短所?

SHARE