お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋愛相談するベストな相手とは。ラブホの上野さんが回答!

ラブホの上野さん

恋愛相談、相手は誰を選んでいますか? 気になる男友達に相談、なんてしていませんか? 私たちが「相談」と呼ぶ行為は、実は2パターンに大別されます。そこを見極めずして相談相手を選んではいけないようです。ラブホの上野さんに詳しく教えてもらいました。

恋愛で悩んでいるとき、皆さまはそのことを誰に相談するでしょうか?

女友達に相談する方もいれば、男友達に相談する方もいらっしゃることでしょう。中にはその悩みの張本人に相談する強者もいらっしゃるかもしれません。

それでは相談をするときには一体誰に相談をすればいいのでしょうか?

ここで注意をしなければならないのは、一言で「相談」と言っても、その目的によって相談すべき相手がまったく異なるということでしょう。

相談の本当の「目的」とは「答え」ではない

それでは相談の目的とは一体何でしょうか?

まず最もわかりやすいのが「質問」でしょう。

例えば「ここから渋谷駅までどうやって行けばいいですか?」というような質問がこれに該当します。

このように「質問」が目的の場合、相談すべき相手は「答えを知っている人間」になるでしょう。

当然と言えば当然の話なのですが、答えを知らない人に質問をしても意味がありません。当たり前のように聞こえますが、このミスをしている方は決して少なくないのです。

しかし現実的には「質問」が目的で相談をする方は決して多くありません

そもそもこれだけネットが普及した現代において「質問」を目的にする相談はネットがほとんど解決してくれるのです。

ですので「質問」を目的にしている相談のほとんどはわざわざ人に聞かなくともネットが解決してくれることでしょう。

それでは世の中に無数に存在する「相談」は一体何を目的にしているのでしょうか。

それは「整理」でございます。

「整理」を目的にした相談というのは「質問」とは違い、明確な答えが存在いたしません。

正確に言えば、相手の意見はまったく必要としておらず、相手と会話をしている中で自分なりの答えを見つけるというもので御座います。

「話を聞いてほしい」「愚痴を言いたい」「誰かに話したい」

こういった理由で相談をしている場合、それは高確率で「整理」で御座います。

次ページ:「整理」を目的とした相談はウザい

SHARE