お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

働く女子に聞いた「お金の管理テク」、家計簿アプリは使っている? 

松葉暁

毎月お給料が入ったら、お金の管理をどのようにしていますか?

最近では、家計簿アプリを使って、手軽にお金を管理している人も多いようです。そこで今回は、20~30代の働く女性に対して、家計簿アプリを使っているか聞いてみました。またアプリの使用有無とは別に、どのようにお金の管理をしているかについても、合わせて調べてみました。

■お金の管理に、家計簿アプリなどを使っていますか?

・はい:31.3%
・いいえ:68.7%

※有効回答数490件

お金の管理のために家計簿アプリを使っている人は31%で、働く女性の約3人に1人が使っていることがわかりました。では、実際にどのようにお金を管理しているかも詳しく見ていきましょう。

家計簿アプリで金額入力

・「家計簿アプリに収入と支出の費目や金額をそのつど細かく入力し、毎月の収支額を把握している」(金融・証券/事務系専門職/30歳)

・「お金を使ったら、その日にアプリに登録することで登録忘れを防ぐ」(情報・IT/技術職/25歳)

・「毎日買ったものはアプリに登録。クレジットカードも使ったら登録し、引き落としされる金額などを前もって把握する」(マスコミ・広告/その他/39歳)

家計簿アプリで使ったお金の入力をして、お金を把握している人が多いようです。スマートフォンなら、いつでもどこでも気軽にすぐに記録ができるので、入力忘れも減るでしょうし、便利そうですよね。

家計簿アプリでレシート登録

・「レシートをカメラで撮るだけで管理できるため」(医療・福祉/専門職/23歳)

・「アプリでレシートをカメラで撮るだけの管理」(金属・鉄鋼・化学/営業職/30歳)

レシートをカメラで撮影するだけでお金の管理できる、簡単な家計簿アプリも人気なようです。レシートを撮影するだけで、金額入力の手間も省けるので気軽に始めやすいですね。

エクセルで管理

・「エクセルを家計簿代わりに入力している」(ソフトウェア/その他/34歳)

・「エクセルの家計簿をつけている。自分の手で入力する労力を使うことで、なるべく支出を抑えようと思う」(学校・教育関連/秘書・アシスタント職/38歳)

意外と多かったのが、エクセルで管理する派。普段、仕事などでも使う人が多いので、使い慣れているからかもしれませんね。

カードやQR決済の明細を見る

・「クレジットカードやQR決済などの明細を見ればわかるから」(商社・卸/事務系専門職/27歳)

・「クレジットカードの明細を家計簿代わりに」(通信/事務系専門職/27歳)

・「クレジットカードに統一して、使ったお金の見える化をしている」(機械・精密機器/技術職/32歳)

・「できるだけQRコードで買い物して、買い物履歴を残す」(不動産/その他/35歳)

クレジットカードやスマホ決済アプリなど、キャッシュレスを選ぶ人が増えてきた昨今、これらの明細を見ることでお金を管理している人も増えています。使ったその場で明細もわかりますし、あとからどんなものを買ったのかもすぐわかるのがいいですね。

手書き

・「手書きのノートに、支払ったものだけ書き留めている」(食品・飲料/技術職/35歳)

・「アプリなどを使うと比較がしにくいので、ノートタイプの家計簿をつけている」(学校・教育関連/クリエイティブ職/39歳)

まだまだ手書き派もいるようです。自分の手で書くことで、何にいくら使っているのか重みを感じ、無駄遣いを再確認できるという声も。また、家計簿以外にも手帳やノートなどにその日使った金額を書いている、という人も多かったです。

【番外編】管理していない

・「アプリを使わなくても把握できているから、使用していない」(食品・飲料/販売職/29歳)

・「やらなきゃとは思うがアプリは入力がめんどいし、紙の家計簿なんて忘れそうだからむり。やり方がわからない」(金融・証券/営業職/22歳)

特に管理をしなくても把握できているという人も。一方で管理をしていないという人からは、「めんどくさい」、「やり方がわからない」という声があがっていました。しかしこういった意見は意外と少数派で、働く女性の多くは何らかの方法でお金を管理している人が多かったです。

まとめ

今回は、働く女性が行っているお金の管理術を紹介しました。家計簿アプリ以外にも、いろいろな方法でお金を管理しているようですね。自分に合った方法で、タイミングを見て家計を振り返るのも大事かもしれませんね。

(松葉暁)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年12月6日~12月7日
調査人数:490人(22歳~39歳までの未婚の社会人女性)

お役立ち情報[PR]