お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風水的に「良いトイレ」「悪いトイレ」 #李家幽竹の風水ハック

李家幽竹

風水的に良いトイレの条件5つ

風水的に良いトイレとは、具体的にどんな条件なのでしょうか。幽竹先生の教えてくれた5つのポイントを見ていきましょう。

(1)清浄な環境

まずトイレは清浄であることが不可欠。悪い気のもととなる「水毒」は、雑菌から生じるからだそうです。雑菌や悪い気はどんどん下へ溜まっていくので、必ず床からきれいに拭き掃除することが大切のよう。

朝でも夜でもいいので1日1回、使用後に床を拭く習慣を身につけてみましょう。

(2)スリッパがある

トイレのスリッパは必ず置きましょう。たとえスリッパを使わなくても、置いているだけで空間を分ける役割があるそう。

トイレは下から悪い気が溜まっていく場所なので、ほかの部屋と区別するための境界線という意味でも置くのが良いそう。

(3)明るく暖かみがある

トイレの水毒は、「陰」の気に触れると増幅するそう。陰の気は、暗いところや寒いところから生じるので、トイレはつねに明るく暖かくしておくことが大切だそうです。

トイレマットは、下のほうに溜まった悪い気を受け止めてくれるので、できれば敷いたほうが良いとのこと。

(4)良い香りが漂う

トイレの悪臭は、運気を大きく下げてしまうそう。はじめから芳香剤でごまかすのではなく、まずはしっかりと掃除をして臭いの元を断つことが大事だそうです。

そのうえで、リードディフューザーやアロマストーンなどを使って、天然の良い香りを漂わせるようにしてみましょう。

次ページ:風水的に悪いトイレ5つの条件

SHARE