お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

全部いらない。人間関係リセット症候群の原因と対処法

小日向るり子

人間関係を突然すべて断ち切る「人間関係リセット症候群」。その原因や心理とは? 心理カウンセラーの小日向るり子さんが、人間関係リセット症候群になりやすい人の特徴を解説。診断であなたの危険度をチェックします。

スマホの普及は人と人が24時間つながっていることを可能としました。

LINEやメールなど双方向のコミュニケーションツールだけでなく、SNSの台頭で近年は複数の人間が関わり合うコミュニケーションも可能になっています。

それは確かに便利ですが、常に「つながっている」という状況は気を抜く暇がなく、緊張感が続いている状態ともいえます。

最近は、そうした状況に疲れてある日突然、人間関係をすべてリセットしてしまう人を指す「人間関係リセット症候群」という言葉も出てきました。

今回はこの「人間関係リセット症候群」に陥る人の心理に焦点を当ててみたいと思います。

人間関係リセット症候群とは?

「人間関係リセット症候群」とは、ある日突然連絡先をブロックしたり、メールアドレスや電話番号を変えたりして、すべての人間関係をシャットアウトしてしまう状態のことをさします。

突然会社を辞めて転居し、誰にも行き先を伝えないという大リセットをする人もいます。

ただし、これは病名ではありません。

自分にはもっとふさわしい居場所があるのではないかと自分探しを止められない「青い鳥症候群」や、翌日から始まる仕事のことを考えて日曜の夕方になると憂うつになる「サザエさん症候群」と同じように、人間が陥りがちな心理を表した造語となります。

あなたも予備軍? 人間関係リセット症候群診断

誰でも人生で一度や二度は「すべてリセットして、誰も自分のことを知らない世界に行きたい!」という思いにかられたことがあるのではないでしょうか。

まずは自身が人間関係リセット症候群になりやすいタイプであるか、簡単な診断をしてみましょう。当てはまると思うものに1問1点としてチェックを入れていってください。※どちらかというと当てはまる、というものもチェック対象です

この際、すべての合計をカウントするのではなく、【A群】1~5、【B群】6~10に分けてそれぞれ何点かを計算してください。そして多いほうだけに11の点数を(これに当てはまった人のみ)加えます。なお、A群とB群の点数が同じだった場合は自分の特徴にもっとも当てはまると思う番号があったほうの群を優先してください。

例)3、7、8、10、11にチェックを入れた場合は【A群】(=3)の点数が1点、【B群】(=7、8、10)の点数が3点となり、これに11の1点を加えるので合計4点となります

【A群】
1.人の顔色や場の空気を気にする
2.自分が人からどう見られているかが気になる
3.自分に自信がない
4.完璧主義者である
5.プライドは高いほうだ

【B群】
6.面倒くさがりである
7.独りで行動することは苦にならない
8.要領がいいタイプだ
9.他人から「鈍感・空気が読めない・マイペース」といった指摘を受けたことが何度かある
10.自暴自棄になりやすい

【他】
11.物事や人間関係を損得勘定で考えることが多い

点数が4点以上になった方は人間関係リセット症候群になりやすいタイプです。点数が多ければ多いほどなりやすいといえます。

次ページ:人間関係リセット症候群になりやすい人の特徴

SHARE