お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

「男余り」の都道府県とは。アラサー未婚男子はどこにいる?

荒川和久

未婚率の上昇、若者の恋愛離れ、男性の結婚意欲の低下……。婚活女子にとって耳をふさぎたくなるような情報が巷にはあふれています。そこで、独身研究家の荒川和久さんに、知らないと困る“結婚と恋愛の数字”について教えてもらうことにしました! つい現実から目をそむけたくなりますが、正しい情報、正しい数字を知って、婚活難を乗り越えましょう。

未婚男女の人口差、15歳以上総数で比べると、実に340万人もの未婚男性が余っているという事実をご存じですか? 20~50代に限っても300万人の男余りです。

要するに、300万人もの男性は結婚したくても相手がいません

というと、「男女人口差はむしろ女性のほうが平均寿命が長い分多いんじゃないの?」などのご指摘もいただきますが、それは総人口の話です。

未婚者に限ると圧倒的に「男余り現象」が起きています。

では、なぜ婚活女性は「まわりに未婚男性がいない! 出会えない!」と感じるのか。

今回は、婚活女性が渇望している「アラサー未婚男子」はどこにいるのかについてお話しします。

Read more

「結婚はコスパ悪い説」を男性が唱える理由

世は男余り。未婚男性が300万人余る理由

年齢別未婚男女差分

年齢別に男女人口の詳細を見ると、15歳から74歳まですべての年齢で未婚男性のほうが多くなっています。

75歳以上で逆転してしまうのは、悲しいかな、そこで未婚男性の寿命が尽きてしまうことによります。

どうして未婚男性のほうが多くなってしまうのでしょうか?

実は、出生時の男女比のちがいからきています。

明治時代からの統計を見ても、ほぼ出生時男女比は1.05対1で、男児のほうが多く産まれます。

1年間5%ずつ男性が多く産まれ、それが40~50年継続すれば、それくらいの差分となって表れてしまうのです。

かつての明治以前の時代は、女児より男児の乳幼児死亡率が高く、結果として男女比はほぼ同数に落ち着いていたのです。

医療の発達によって男児乳幼児死亡率が下がれば、当然「男余り」という状態に陥ります。

次ページ:「男余り」なのに婚活相手が少なく感じる理由

お役立ち情報[PR]