お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

「結婚はコスパが悪い」と独身男性が嘆く理由

荒川和久

未婚率の上昇、若者の恋愛離れ、男性の結婚意欲の低下……。婚活女子にとって耳をふさぎたくなるような情報が巷にはあふれています。そこで、独身研究家の荒川和久さんに、知らないと困る“結婚と恋愛の数字”について教えてもらうことにしました! つい現実から目をそむけたくなりますが、正しい情報、正しい数字を知って、婚活難を乗り越えましょう。

「結婚はコスパが悪い」――。

前回の記事(「結婚願望がない男性が増えている」がウソな理由)にも書きましたが、結婚意欲のある男というのは、30年も前から大体4割程度しか存在しません。

そんな結婚に後ろ向きな男性に対面インタビュー調査をすると、結婚しない理由として挙げられるのが、「結婚はコスパ悪い説」です。

結婚には経済的なデメリットが多いと判断する男たちが大勢います。それが、こうした男の低い結婚意欲に結びついているのでしょうか。

今回は、独身男女たちが考える、結婚のメリットとデメリットについて取り上げたいと思います。

独身者が考える「結婚の利点」「独身の利点」by出生動向基本調査

「出生動向基本調査」の独身者調査の中には、独身者が考える「結婚の利点」「独身の利点」という質問項目があります。

結婚の利点

まず、独身者が考える「結婚の利点」とはなんでしょうか。

男性

男性が考える結婚の利点 by 第15回出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所HPより)

女性

女性が考える結婚の利点 by 第15回出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所HPより)

調査によれば、「自分の子どもや家庭を持てる」を挙げる人が、1987年時点からほぼ一貫して増加し続け、2015年には、男性で35.8%、女性で49.8%と、双方ともトップメリットとして挙げています。

2位も男女とも「精神的安らぎの場が得られる」で一致しています。

しかし、「愛情を感じている人と暮らせる」という点も、男女とも年々減少傾向にあります。結婚=愛ではなくなりつつあるようです。

反対に、増加傾向にあるのは、男女とも「親や周囲の期待に応えられる」で、これは、独身でいることに対して親や周囲のプレッシャーを感じている人が増えているということかもしれません。

独身の利点

次に、「独身の利点」について見てみます。

男性

男性が考える独身生活の利点 by 第15回出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所HPより)

女性

女性が考える独身生活の利点 by 第15回出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所HPより)

独身の利点は、男女ともに「行動や生き方が自由」を挙げる人が圧倒的に多く、2015年時点で男性では 69.7%、女性では 75.5%です。

それ以外では「金銭的に裕福」「家族扶養の責任がなく気楽」「広い友人関係を保ちやすい」が比較的多いようです。これらの傾向は1987年以降ほとんど変わっていません。

この調査からわかること

つまり、結婚とは「行動や生き方、金銭、友人関係などが束縛されてしまうリスクがある」と独身者たちは警戒しているのです。

以上、結婚・独身の利点を見ても、極めて普通の結果であり、特に目新しい発見はありません。

この調査の結果から多くの専門家が論を展開していますが、これだけを見て、「昨今の独身男女は、自己の自由を大事にしているから結婚しないのだ」と、乱暴に結論付けてはいけません。そうやって物事を単純化してしまうから大事なことを見落とすわけです。

分析にあたって大切な視点とはなんでしょうか?

この調査を男女別々に見てはいけないんです。見るべきは、男女の差分です。

次ページ:「結婚のメリット」には男女差がある

お役立ち情報[PR]