お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

「結婚はコスパが悪い」と独身男性が嘆く理由

荒川和久

未婚率の上昇、若者の恋愛離れ、男性の結婚意欲の低下……。婚活女子にとって耳をふさぎたくなるような情報が巷にはあふれています。そこで、独身研究家の荒川和久さんに、知らないと困る“結婚と恋愛の数字”について教えてもらうことにしました! つい現実から目をそむけたくなりますが、正しい情報、正しい数字を知って、婚活難を乗り越えましょう。

男女ですれちがう「結婚のメリットデメリット」

さて、こうした「結婚の利点」と「独身の利点」の男女差分からわかることはなんでしょうか。

女性が考える「結婚のメリットデメリット」

女性が結婚しないのは、結婚をすると「不自由になり」「友人や家族や職場との関係がなくなる」という恐れがあるからと解釈できます。

そのうえで、結婚に対しては「家族という新しい社会を手に入れることができ」「経済的余裕が生まれる」ことを期待しています。

男性は「結婚のメリット」を感じられない

逆に、男性が結婚しないのは、「自分のためにお金を使いたい」からです。

結婚に感じられるメリットは、もはやほとんどないといっても過言ではありません。

未婚のままでも、いまや社会的信用を失うわけでもなく、結婚したからといって、生活上の利便性も大して変わらない。家事も買い物も自分でできます。

「自分のために金を使える自由」を捨ててまで、結婚をする必要を感じられないのです。男は、月3万円台の小づかい制なんてまっぴらごめんなわけです。

次ページ:男性が「結婚はコスパ悪い」と思ってしまう現実

お役立ち情報[PR]