お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

数字で見る。結婚相手に年収を求めるとなぜ婚活がうまくいかないのか

荒川和久

婚活していると結婚相手に求める「理想年収」と「最低年収」というものがあるのではないでしょうか。十分金額に妥協したと思っていても、なぜか男性とマッチングしません。一体なぜなのでしょう? 『超ソロ社会』『結婚しない男たち』などの著者として知られる荒川和久さんに、詳しく解説してもらいました。

女性の婚活の現場では、相手男性の「年収」は、相変わらず大きなウエイトを占めています。

結婚は経済生活ですから、パートナーの収入を気にすることは当然です。

噂では、結婚相談所によっては、一定額以上の年収がない男性は、そもそも入会すらできないこともあるようです。

結婚したい男にとっては厳しい話です。婚活の場にすら参加できないということですから。

今回は、婚活女性が結婚相手の条件に「最低ラインの年収」をあげても、なぜマッチングしないかについて、数々のデータを用いてお話しします。

理想と現実の乖離。婚活女性が結婚相手に求める年収とは

まずは、婚活女性が結婚相手に求める年収と現実の男性の年収についてです。

どうやら理想と現実はかなり乖離しているようです。

理想とする男性の年収は「400万円以上」

婚活女子は一体どれくらいの収入を相手に求めているのでしょうか。

マイナビウーマン編集部が22~34歳未婚女性を対象に実施した「結婚相手の希望年収」調査(※)によれば、相手の理想の年収は、500~700万未満が37%でもっとも多く、続いて、400~500万未満が21%でした。

年収400万円以上を理想とする女性をすべて合算すると81%となります。

つまり、ほとんどの女性が相手の年収400万円以上が理想となっているのです。

結婚相手の年収 理想と現実

男性の年収の現実「年収400万円以上は28%」

しかし、この理想に対して、現実はどうでしょう。

2017年の就業構造基本調査を基に、20~50代未婚の有業男性の所得分布と照合すると、一目瞭然、明らかな乖離があります。

81%の女性が理想とする「年収400万円以上の未婚男性」はわずか28%しかいません。

婚活女子が理想を追求してしまうと、さし引き5割以上の女性があぶれてしまうことになるのです。

婚活女子が求める「男性の最低年収」

続いては、「最低これくらいの年収ならばよし」という最低ラインも見てみましょう。

前述のアンケート(※)で「男性に求める最低年収」を聞いてみると、理想では81%もあった年収400万以上は43%と半減し、400万未満が57%と約6割になります。

理想と比べると随分現実に近づいてきましたが、それでも25%の女性は余ってしまう計算です。

結婚相手の年収 最低ラインと現実

次ページ:数字で見る。希望の男性とマッチングしない理由

お役立ち情報[PR]