お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

数字で見る。結婚相手に年収を求めるとなぜ婚活がうまくいかないのか

荒川和久

未婚率の上昇、若者の恋愛離れ、男性の結婚意欲の低下……。婚活女子にとって耳をふさぎたくなるような情報が巷にはあふれています。そこで、独身研究家の荒川和久さんに、知らないと困る“結婚と恋愛の数字”について教えてもらうことにしました! つい現実から目をそむけたくなりますが、正しい情報、正しい数字を知って、婚活難を乗り越えましょう。

数字で見る。希望の男性とマッチングしない理由

なんとなく、理想でも最低ラインでも希望する年収の男性と、婚活でマッチングするのは難しいかもしれないと、おわかりいただいたかもしれません。

さらに詳しく、データを見てみましょう。

年収400万円以上の結婚適齢期男性は15%

そもそも、未婚男性の収入分布が現実的にどうなっているか、詳しく内訳を見てみましょう。

2017年就業構造基本調査によれば、年収400万を境にした全国年齢別未婚男性(無業者除く)の構成比は、以下のとおりです。


20~50代全体で見ても、400万円以上の年収のある未婚男性は、たった28%しかいないという話はすでにしましたが、その28%のうち40代以上が半分の13%です。

結婚適齢期の20~30代に限ると、たったの15%しかいません。

婚活女性は、この狭き門に理想ベースで臨むと8割が殺到するわけです。当然熾烈な競争になりますし、結局、5割以上の婚活女性は、理想の相手をゲットすることはできないわけです。

だって、そもそもそんな男性、ほとんど存在しないんですから。

東京に限っても4割の女性はマッチングしない

もちろん、これはあくまで全国平均ですので、地域差はあります。

東京では400万以上の比率は約4割に上昇しますし、逆に、沖縄では1割にも満たない状況です。

とはいえ、東京だとしても、400万以上を希望する女性8割に対して、4割しか男性がいないのですから、どう考えても残り4割の女性はマッチングされません。

大きなお世話かもしれませんが、結婚したい女性は、男性の年収で最初から足切りしてしまうと、自分の首を絞めることになるかもしれないのです。

次ページ:一方の婚活男性が抱くジレンマ

SHARE