お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

20代未婚女性と既婚女性の「恋愛経験率」の差とは

荒川和久

未婚率の上昇、若者の恋愛離れ、男性の結婚意欲の低下……。婚活女子にとって耳をふさぎたくなるような情報が巷にはあふれています。そこで、独身研究家の荒川和久さんに、知らないと困る“結婚と恋愛の数字”について教えてもらうことにしました! つい現実から目をそむけたくなりますが、正しい情報、正しい数字を知って、婚活難を乗り越えましょう。

以前、【20・30代】未婚女性と既婚女性の「恋愛観の違い」とはという記事で、女性の平均初婚年齢のデータについて書きました。

改めてご紹介すると、2018年人口動態調査によれば、女性の平均初婚年齢は29.4歳です。東京に限れば、30.4歳になります。これだけを見てしまうと、30歳になっても「まだ世の中の平均辺りだ」と安心してしまう婚活女子もおられるかもしれませんが、平均値ではなく中央値で見てみましょう。

全国で女性の初婚中央値は28.6歳となります。つまり、28.6歳までに女性の半分は結婚しているということになります。

さらにいえば、20代までに結婚している未婚女性の比率は約62%です。6割以上の女性が20代のうちに結婚しているということになるわけです。

「20代のうちに結婚なんてとてもとても……。そもそも出会いがないし……」と嘆く方も多いかもしれません。では、そもそも20代のうちに結婚する女性と未婚のまま30代を迎える女性との「恋愛経験」はどれくらい違うのでしょう?

今回は未婚女性と既婚女性の「恋愛経験」に焦点を当ててみたいと思います。

20代既婚女性と未婚女性には恋愛経験率に差がある

私の主宰するラボで、一都三県在住の20代の未既婚女性2,754人を対象にそれぞれの「恋愛にまつわる初体験年齢」について調査をしました。

「初めて人を好きになったのは?」「初めて告白をしたのは?」「初めてデートをしたのは?」「初めてキスをしたのは?」「初めてセックスをしたのは?」という項目について、17歳以下・18~24歳・25歳以上で選択してもらいました。

結果は以下の通りです。

20代未既婚女性 年齢別初体験率

20代既婚女性の方が恋愛経験が早い傾向

全体的に見て、20代既婚女性の方が、未婚女性と比べて、17歳以下での恋愛にまつわる初体験が多いことが分かります。

17歳までに、初デートは76%、初キスは63%、セックスも37%が経験しています。一方、未婚女性は、それぞれ47%、34%、21%でした。恋愛経験が早ければ早いほど、20代のうちに結婚する傾向が大きいことが分かります。

既婚女性は24歳までにデート経験率100%

未婚女性も高校を卒業して、18~24歳の期間に追い上げますが、20代既婚女性が24歳までにデート率100%を達成しているのに対して、未婚女性は81%どまりです。20代のうちに一度もデートをしたことがない人も13%います。

24歳までで、キス未経験2割、セックス未経験も3割います。デート経験率を頂点として、キスやセックス経験率は下がりますので、いずれにしてもデートの有無が大きく影響していることは明らかです。

未婚女性は「告白」経験率も低い

とはいえ「デートする相手いないし、誘われないし……」と思うかもしれませんが、この調査で興味深い点は、デート以前の「告白」の経験率の差です。

既婚女性は、17歳までに68%、24歳までに73%が自分から告白しているのに対し、未婚女性は、17歳までに42%、24歳まで合わせても58%に過ぎません。

両者の告白率の差分は、未婚女性がマイナス15%ですが、スタート時点のここでの差が、その後の両者の運命の分かれ道にもなっています。いってみれば、デートができるかどうかは、この「自分から告白する率」の差である可能性があります。

「女性は男性からの告白を待つもの」。そういう固定観念に縛られて行動しないタイプと、そんなの関係なく自分の感情のままに行動するタイプの差が、この20代での未既婚の差に表れていると言ったら言い過ぎでしょうか。

次ページ:未既婚を左右するのは恋愛への積極性?

お役立ち情報[PR]