お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合うとやっかい? 「自己顕示欲」が高い男性の特徴

おおしまりえ

「自己顕示欲」が高い男性を好きになった場合、気をつけること

自己顕示欲

自己顕示欲の高い男性にも、いい面と悪い面が隠されています。だからこそ、付き合う際には相性をきちんと見極め、そして彼らのツボを知ることが大切です。

彼らのような「自分がどう見えるか」に常に強い関心があるタイプと付き合うには、彼を持ち上げ、雑な部分をサポートし、支えられるタイプの女性が向いています。

しかし悲しいことに、自己顕示欲が強いタイプの男性は、自分の価値を高めてくれる“トロフィーワイフ”のような女性を好みがちです。

そのため同じく自己顕示欲が強かったり、承認欲求が高かったりする女性を選び、関係がうまくいかないということも多々あります。

また自己顕示欲の強いタイプと付き合うには、とにかく心から彼を称賛し、そして負けん気をくすぐり、否定しないことが重要です。1分に1回は「すごい!」を連発しよう……というのは極端ですが、褒めてくれない人に、男性は居心地の良さを感じません。

個人的には長く一緒にいるには疲れそうなタイプだと思うのですが、ツボを知れば扱いやすさはあるのかもしれません。

自己顕示欲は誰しも持っているもの

自己顕示欲

人間誰しも人から認められ、称賛されたいと思うものです。その度合いが強すぎると、今回のように心や人付き合いに“ゆがみ”が生じてしまう場合もあるというもの。

男性の心を受け止めるには、数回褒めたり、心を受け止めたりするだけでは意味がありません。1年3年5年と彼らに長期的に愛を注ぐことで「この人が居ないと俺はダメだ」と、心から認識させることができます。

あなたが今心に抱く彼は、こういった長期的な関係が築けそうでしょうか。人間は誰しも不完全な要素を持っています。

だからこそ、こういうタイプはオススメとか、辞めておいたほうがいいとかは一概には言えません。一方で恋愛感情に流されて、明らかな相性の間違いを犯してしまうのは避けたいところ。

自己顕示欲の強い男性はあなたにとって相性がよさそうか。ちょっと振り返り考えてみてください。

(おおしまりえ)

※画像はイメージです

※この記事は2019年06月27日に公開されたものです

おおしまりえ

この著者の記事一覧 

SHARE