お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合うとやっかい? 「自己顕示欲」が高い男性の特徴

おおしまりえ

「自己顕示欲」が高い男性の特徴5つ

自己顕示欲は女性よりもやや男性に多いと言われていますが、それには男女に求められがちな役割なども関係してくるのかもしれません。自己顕示欲が強い男性にはどのような性格や特徴があるのか、ここでは5つご紹介していきます。

「すごいでしょ?」という同意をよく求めてくる

自己顕示欲

自己顕示欲の強い男性は何かしたとき、無意識にまわりに「すごいでしょ?」といった同意を求めがちです。

たとえばデートですてきなお店に行ったとき、あなたは彼から「この店すごいっしょ?」と、同意を求められたことはありませんか?

こういうときは、お店を褒めると同時に、お店を選んだ彼の選定眼を褒めなくてはいけないのです。

SNS映えするモノが大好き

自己顕示欲

彼らにとって、「映える」ことは重要な行動理由です。

たとえばインスタ映えするお店や服装、アイテムに反応するタイプがいれば、文化系自己顕示欲の強い人は、アートや小説などのカルチャーに強いこだわりを持っていることも。

しかし“自分をすごそうに見せてくれるもの”が優先される点では、実際の行動がともなっていないことも多々あります。

たとえば「俺はアートが好き」と言いながら、アート系の情報に触れている気配がないとか。

LINEのテンションがいつもちがう

自己顕示欲

自己顕示欲が強い男性は、とにかく満たされているときとそうでないときでテンションがちがったりします。

LINEのやり取りをしても、気分がいいときはポンポンと軽快な返事が返ってくるときがあれば、一切既読スルーされることも……。それをただの気まぐれと済ませるか、それともおかしいと思うかはあなた次第です。

見えない部分のケアが雑

自己顕示欲

会社で飲み会などをするとき、自己顕示欲の強い男性は目立ち感謝されることの多い、幹事やリーダーをやりたがる傾向にあります。しかし彼らが求めるのは人に褒められることなので、裏方や事務的な役割を全うするのが苦手です。

飲み会の幹事を受けてお店を探すまではやったけど、出欠を取ったり実際の予約をしたりといったことは人まかせにしてしまうとか。司会進行や乾杯の音頭は取りたがるとか。

責任ある立場に立ちたがるのに、実際の行動が雑になりがちというのは、自己顕示欲の強い男性のひとつの特徴です。

自分は正しいという姿勢が強い

自己顕示欲

自分は正しいという強い思い込みを持つ人は、総じて自己顕示欲が強い傾向があると言います。これは前述した自己顕示欲が強くなる原因とも関連していますが、自己否定を避けるために「自分は正しい」「自分はすごい」という思い込みや欲求を強めていることがあげられます。

適度な自己顕示欲はブレない自分を持てることでプラスにも働きますが、強すぎると他人の意見を受け入れない人になってしまうことも。恋愛相手に選ぶかは見極めが大切です。

次ページ:「自己顕示欲」が高い男性の恋愛傾向

SHARE