お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

彼に結婚を決意させるには? 既婚女性400人に聞いた「結婚のなれそめ」

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

おつきあいが半年、1年と順調に進み、「そろそろ……」と結婚を意識しているあなた。でも彼氏からはなかなか具体的な話がない。そんなときに打つべき一手は? 既婚女性400人への「結婚のなれそめ」アンケートから、彼の背中を押して結婚を決意させるために最適なアプローチを、恋愛コラムニストのひろたかおりさんが探ります。

おつき合いは順調だし、そろそろ結婚を考えたいけど彼氏のほうにその気配がない。こんなとき、彼氏に結婚を意識させるにはどうすればいいのでしょうか。

既婚女性400人から聞いた「結婚のなれそめ」には、幸せなスタートへふたりで向かうためのヒントが隠されていました。

そろそろプロポーズしてほしい! という女性に向けて、恋愛コラムニストのひろたかおりがお伝えします。

結婚を意識してから決断までにどんなことをした?

既婚女性たちは、結婚を意識し始めてから、彼に対してどんな行動をとっていたのでしょうか。あるいは彼からはどんなアプローチがあったのでしょうか。具体的にみていきましょう。

ストレートに聞いた

結婚 なれそめ

・「つき合いが長かったので、『いつ結婚する?』と単刀直入に聞きました」(29歳/事務系専門職)
・「プロポーズは指輪をパカッとしてもらうのが夢、とストレートに伝えていました」(30歳/営業職)
・「将来のこと、子どもがほしいということをよく伝えていた。年齢的に早く産みたかったので、『ゆっくり待っている時間はない!』と」(34歳/販売職・サービス系)

王道のアプローチはやはり、ストレートに言う・聞くということ。出産希望年齢のことなど、気になる点も早めに伝えておくのが一番の近道ですね。

結婚前提と伝えていた

結婚 なれそめ

・「お互い適齢期だったので、結婚してからの生計や仕事、生活スタイルなど、日ごろから話していた」(31歳/専門職)
・「彼が以前交際していた人とは、4年間付き合っていたのに、結婚の話をはぐらかしていたらフラれたと聞いたので、『私はそんなに待つ気もないし、結婚するつもりもないなら他の人を探すように』と伝えておいた」(34歳/公務員・団体職員)
・「同棲したので、そのままうやむやにならないように、半年後に婚約指輪がほしいことを伝えた」(33歳/事務系専門職)

“待たない”という意思を知っておいてもらうのは大事ですね。また、いついつまでにと期間を設けておくのも、“同棲のままダラダラ”となるのを防ぐのに有効のよう。

彼から匂わされた

結婚 なれそめ

・「結婚前提でつき合い始めたので、自然な流れで、『2人の通帳をつくって、毎月平等に貯金して、目標金額に達する頃合いを見て籍を入れよう』と彼に言われた」(28歳/専門職)
・「こちらからアプローチはしてない。向こうが、子どもができたら……など、ときどき匂わせてきた」(32歳/販売職・サービス系)
・「東京と地方の遠距離恋愛だったが、彼が会社に異動希望を出し、東京に来てくれた」(34歳/販売職・サービス系)

こんなふうに、彼のほうから具体的な提案をしてくれたという声も多くありました。お金のことや子どものことをきちんと考えて伝えてくれたらうれしいですよね。遠距離を乗り越えた決断力に拍手です。

次ページ:“彼に結婚を考えてもらう”ためのアプローチ

お役立ち情報[PR]