お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「話しやすい人」と「話しにくい人」の差とは? 話しやすくなる方法

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

こうなりたくない! 話しにくい人の特徴

続いて、話しにくい人の特徴について見ていきます。

自分にこんな傾向がないかチェックしながら読んでみてくださいね。

(1)すべて話を持っていく

人は誰しも承認欲求があるので、自分の話を聞いてもらいたいと思っていますし、自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。

最初は自分の話をしていたのに、会話の途中でいつも「私の場合は」「私は」と相手に話を持って行かれると承認欲求が満たされず、その人と話をしていてもつまらなく感じてしまいます。

話しにくい人は相手の立場に立つ、相手を思いやる意識が低い人です。

(2)感情が安定していない

感情が安定しておらず穏やかでない、言うことがコロコロ変わるような人とは極力話したくありませんね。

特に、すぐに感情的になり、こちらを攻撃したり、やつあたりしたりしてくるような人には、振り回されて疲れてしまいます。

また、人の悪口や不平不満が多いネガティブ思考も話しにくい人の特徴です。

(3)受け身である

自分から挨拶しない、話題を振らない、質問せずに答えてばかり。

こんな受け身の人と会話をしたら、人は二度と話をしたくないと思うでしょう。

会話は双方の努力によって成り立つキャッチボールです。

一方が受け身では成り立ちません。

受け身でいると誰からもお声がかからなくなってしまいますよ。

次ページ:話しやすい人になる方法【恋愛編】

SHARE