お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

周囲から話しかけられない人の「残念な特徴」と「変わる方法」

浅田悠介(浅田さん@恋愛を語る奇術師)

周囲の人から話しかけられる人と全然話しかけられない人がいますよね。ひとりが好きという人を除けば、話しかけられやすい人になりたいと思う人は少なくないはず。この記事では、話しかけられない人の特徴と話しかけられる人になるための方法を恋愛コラムニストの浅田さんに解説してもらいました。

いきなりですけど、あなたって「話しかけられる」ほうですか?

・道をたずねられる
・合コンやパーティで声をかけられる
・なんやかんや誘われる
・LINEの通知がすぐにたまる
・性別問わず電話がかかる
・大勢がいるなかでその人のところにみんな集まる

ほら、こういう人っているじゃないですか。

正直、羨ましいですよね。いつだって楽しそうだし。性別関係なくモテそうだし。

だって人生って、結局、さみしくない人が勝ちですから。

今回は、そんな「話しかけられない問題」について解説します。コミュニケーションの心構えについても触れます。ぜひ、ご覧あれ。

話しかけられない人の特徴

1.スマホばかり見てる

声をかけるとは、目が合うということです。

なので、スマホばかり見ている人には声をかけづらくなります。邪魔しちゃ悪い気がするのもあります。ささいなときにスマホを取りだす癖がついていませんか?

2.歩くスピードが速い

忙しそう、という印象でもあります。

認知心理学では「人間はスピードのあるものを本能的に避ける」といわれています。自然界では、スピードのあるものに触れると危ないですから。

歩く速度だけでありません。食べるとき、喋るとき、物をとるとき──せわしなく動いていませんか?

3.不機嫌そうにしてる

人を遠ざけるオーラというものはあります。

不機嫌そうだったり、怖い感じだったり、余裕のなさだったり、声が大きかったり、つまらなさそうな表情だったりです。

声をかける側の立場になってみると──どうせなら快く対応してほしいですよね。

4.挙動不審

人間は「何を考えているかわからない相手」を恐れます。

危険かもしれないからです。くれぐれも、意味不明な雰囲気を出すのはやめましょう。

ひとりで駅のホームでにやにやしたり(思いだし笑いもわかりますけど)フラフラしたりしないように。他人からすると「怖いからほかに声をかけよう」と判断されちゃいますよ。

5.ひとり好きアピール

そもそも「ひとりが好きなんです」的な発言をしていると、話しかけられづらくなります。

どうせ断るんだろうな、人付き合いが苦手なんだろうな、と判断されるからです。

ひとりが悪いわけでありません。

とはいえ「みんなで行動するのも好きだよ」といった余白を残しておくことです。

6.個性的なファッション

私たちは「常識人っぽい感じか?」という目線で選んだりもします。

声をかける目的は(たとえば道をたずねる場合)、たんに無難な答えがほしいからです。個性的な人間関係を作りたいからではありません。

そういう意味では個性的なファッションの人は声をかけられにくい傾向があります。

7.清潔感がない

そもそも声をかけたくないと思われているパターン。

清潔感はパっとみでわかりますよね。恋愛や友人関係だってそうです。悲しいことに生理的に無理なものは無理というわけです。

特に不潔さは「他人に気づかいができない」というサインだったりもします。やはり避けられる要因になります。

8.よく考えごとをする

考えごとをしている人に声をかけづらい、というのはよくある話です。

グッと眉をよせて「集中してます!」という表情をしているのかもしれません。つい邪魔してはいけない気がしてしまいます。

何も考えていなくても、そんな表情をしていることもあるかもしれませんね。

次ページ:話しかけづらい人と話しかけやすい人のちがい

お役立ち情報[PR]