お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人に話しかけられない時の対処法8つ。話しかけ方を具体的に解説

高見綾(心理カウンセラー)

男性でも女性でも、好きな人に話しかけられないことはありますよね。心理カウンセラーの高見綾さんによると、好きな人に話しかけられない理由はさまざまあるそう。対処法と併せて詳しく教えてもらいました。

好きな人と話したいのに、話しかけられないことってありますよね。緊張したり、タイミングをつかみ損ねたり……。今回は、好きな人に話しかけられない理由と心理について解説します。対処法も詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

好きな人に話しかけられない理由と心理

では、なぜ好きな人に話しかけられないのでしょうか。主な理由と心理を見ていきましょう。

(1)相手を意識し過ぎて緊張してしまう

相手を意識し過ぎて、緊張から話しかけられなくなっている可能性があります。目が合ったのに避けてしまったり、「話しかけないで」オーラを出してしまったりするなど、挙動がぎこちなくなってしまうこともあります。

(2)相手の反応を想像して気にしている

「嫌われたらどうしよう」「素っ気ない対応だったら心が折れちゃう」というように、話しかけた後の相手の反応を想像して気になってしまうのも、話しかけられなくなる大きな理由です。

好きだからこそ、失敗したくない気持ちが強くなり、話しかけられなくなってしまうのです。

(3)話しかけるタイミングがつかめない

一対一の方が話しやすい人は、相手がいつも友達と一緒にいたりすると、話しかけるタイミングを失ってしまうことがあるようです。仕事で忙しそうにしている場合も、「今話しかけたら迷惑じゃないか」と気になってしまいます。

(4)相手と接点がない

例えば、職場は一緒だけれど業務上の接点がない人や、通勤時に同じ電車に乗っているだけの人などを好きになった場合、話しかけたくても相手が自分のことを認識していないので、どうすればいいのか分からず話しかけられないケースもあります。

(5)自信がなくて好きなことがバレたくない

相手に話しかけて、自分が好きだと思っていることがバレたらどうしようと思う人もいます。

恋愛では、好意を持っていることが伝わった方が、相手も意識してくれるようになるので都合が良いはずですが、自分に自信が無いと相手がどう思うか考え過ぎて怖くなってしまい、話しかけられなくなってしまうのです。

(6)過去に話が続かなかった経験がある

話しかけても会話のキャッチボールが続かないと、気まずいですよね。過去に好きな人と話が続かなかった経験がある人は、その気まずささから話しかけることが怖くなってしまうでしょう。どんな話題を出せばいいのか分からないという人も多いです。

次ページ:好きな人に話しかけることのメリット

SHARE