お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

お見合いを楽しむ会話術って? 会話が弾まないときの対処法

吉武利恵

初めて相手と顔を合わせるお見合いの席。慣れない場でいつも以上に緊張してしまうのは当たり前ですよね。そんなお見合いの場で、緊張せずに会話を楽しみ、次につなげるためにはどうすればいいのでしょうか。今回は、お見合いを楽しむ会話術をイメージコンサルタントの吉武利恵さんに教えてもらいました。

■お見合いを楽しむための会話術

まずは、お見合いでの会話が弾むテクニックをチェックしていきましょう。

◇お見合いの席ですると仲が深まる質問

☆「今一番熱中している(ハマっている)のはなんですか?」

熱中している(ハマっている)ものは、相手が今一番好きなこと。相手にとって今の生きがいといえます。相手からどんな話が飛び出してくるのかを楽しみましょう。自分の好きなことについて、相手が興味を持って聞いてくれると、ついつい気持ちよく話してしまうことがありませんか? これは、心理学でいう「自己開示」で、自己開示した相手に好意を持つ傾向があるといわれています。

そして、十分話し終えたときに効果を発揮するのが「返報性の法則」です。これは人から何かしらの施しを受けたとき、「お返しをしなくては申し訳ないような気持ちになる」心理作用。相手が「次はあなたの話を聞きたい」と言ってくれたなら大成功です。

☆「趣味はありますか?」

「趣味はなんですか?」という聞き方も悪くありませんが、“何か”という聞き方だと、趣味があることが前提となります。人によっては、「趣味がない」「どこまでを趣味と言っていいか迷う」という場合も。「趣味はありますか?」と聞くことで、「ない」という選択肢も準備できるのです。「ある」と答えた人には、次に「趣味は何?」と聞けますね。もし、「ない」と答えた人なら、「趣味までいかなくても、好きで定期的にやっていることは?」など、相手に合わせた質問で会話を続けられますよ。

☆「過去、どんな趣味がありましたか?」

同じ趣味を持っていると話が盛り上がりやすく、「共通の趣味がある人」=「自分の趣味を理解してくれる人」となるので、初対面の会話のストレスが軽減され、話しやすい人として認識されます。

共通部分があると早く仲が深まりやすいため、共通部分を探すために現在の趣味だけでなく、過去の趣味もたくさん聞いてみましょう。ひとつでも共通部分が見つかれば、そこから話を広げることができます。

趣味以外なら過去に住んだ土地や学生時代のクラブ活動、子どものころの夢など、ぜひ共通部分を探してみてください。もし共通部分が見つからなくても、自分の趣味の話を熱心に聞いてもらえると、趣味を認めてもらえたという喜びになります。相手の趣味の話は、ぜひ興味を持って聞いてあげてくださいね。

◇お見合いでの会話が弾むテクニック

お見合いは“出会いの最初の扉”です。限られた時間の中で、印象よく次のステップにつなげたいですよね。そこで、会話を弾ませるテクニックを3つご紹介しましょう。

☆ほめ言葉をプレゼントしましょう

何でもほめればいいというわけではありません。漠然としたほめ言葉や過剰なほめ言葉ではなく、お見合い中に見つけた「相手のいいところ」をほめましょう。人は自分に興味を持ってくれる人を好きになる傾向があります。ほめ言葉を伝えることで相手に興味を持っていること、相手を理解しようとしていることを伝えることができます。

☆同意と共感で心の距離を近づけましょう

相手の話をただ聞き続けるだけでは会話は弾みません。相手の話や考え方で同意できる部分があれば、「私も同じ意見です」と相手に伝えます。また、共感する部分があれば「私も同じように感じます」と相手に共感を伝えましょう。さらに、相手の喜怒哀楽(嬉しい、腹立たしい、哀しい、楽しい)の感情に寄り添う発言も有効ですね。

☆笑顔で印象美人を目指しましょう

自分の話をニコニコ笑顔で楽しそうに聞いてくれる女性に男性は惹かれます。生まれ持った容姿は変えられなくても、笑顔は意識さえすれば誰にでもできることです。ぜひ心がけてくださいね。

次ページ:会話が弾まないときの対処法とは?

お役立ち情報[PR]