お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

人を引き寄せる! 影響力のある人の特徴&影響力を高める方法

織田隼人(心理コーディネーター)

影響力がある人とは、どんな人でしょうか? この記事では、影響力がある人の特徴や、影響力がないといわれる人とのちがい、影響力を高める方法について、心理コーディネーターの織田隼人さんに解説してもらいました。

影響力のある人とは、「まわりの人を動かすことができる」、そして「権力を得ることができる」といった人を指します。

不思議なもので、能力が高ければ影響力があるというわけではなく、ダメな政治家が大臣になっていることがあるように、「影響力を得るのは頭のよさとは別」のところにあります。

影響力があると、まわりがその人の言うことを聞いて、そして行動を起こすことになります。

もちろん、影響力のある人はまわりから尊敬されやすく、またついて来てくれる人も増える傾向があります。

今回は、そんな影響力がある人の特徴や、影響力を高める方法などについて見ていきましょう。

影響力のある人の特徴

影響力のある人にはそれ相応の特徴があります。

自分は影響力があるタイプなのか、またまわりで影響力がありそうな人は誰なのを特徴を見ながら考えてみてください。

(1)権限を得ようと動く

自分が行使できる権限を増やそうと動きます。

また、自分の得た権限を使って人を組織化し、動かすことになります。

たとえば、仕事などで責任も発生するけれど、お金を動かすような仕事があったときに積極的に動いて取りに行きます。

とにかく権限を手に入れればそこから次に繋がるので、じわじわと人を動かすための権限を手に入れ、影響力を増していきます。

(2)人前によく出る

人前に出て自分のやっていることや、自分自身をプレゼンすることが多いです。

人に影響を与えるには、とにかく自分を知ってもらい、そして一緒に行動したいと思ってもらうことが不可欠ですので、人前に出て自分とともに行動すると得をするよ、ということを伝え続けている人が多いです。

多くの人の前に出て行くことで、そのうち何人かの熱狂的な支持者が出はじめ、そこからどんどん影響力が増していきます。

(3)自分の味方にはやさしい

自分に味方してくれる人には、やさしく接します。

また、自分の味方になってくれそうな人とは仲よくして、そして自分の仲間として取り込んでいきます。

自分のまわりに味方がたくさんいる状況を作ることで、困ったときに助けてもらったり、大事なことをするときに一緒に行動するようになります。

(4)大事なところは自分でやっている

人にいろいろと手伝いや仕事をお願いしつつも、一番大事なコアな部分だけは自分でやっている人は影響力が出やすいです。

「この人が欠けると物事が動かなくなる」とまわりに思われると、その仕事からはずされることがなくなるからです。

たとえば、キーパーソンと、別のキーパーソンをつなぐような紹介を取り持つようになれば、「この人がいないとキーパーソンをつなげられない」というようになり、自分自身も重要人物となっていきます。

(5)成果を独り占めしない

得られた成果を独り占めするのではなく、まわりにもばらまいている人が影響力のある人になりやすいです。

成果や報酬などを共有することで、「この人についていけば得をする」とまわりから思われますので、ついて来てくれる人が増えます。

得られた成果をすべてまわりと分かち合う必要はないですが、「相手が喜ぶ程度の成果はきちんと渡す」ということを繰り返せば、人はついて来てくれるもの。

そのため、どれくらいの報酬が必要なのかを見極める能力が高い人も影響力が高い人になりやすいです。

次ページ:影響力がないといわれる人の特徴

お役立ち情報[PR]