お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

感情的になる人の心理。今すぐ使えるコントロール術

高見綾(心理カウンセラー)

イライラして怒ったり、不安になって泣いてしまったりなど、すぐに感情的になっていませんか? 感情をコントールできないと、相手を傷つけたり、周囲の人から信頼を失ったりする可能性があります。そこで今回は、心理カウンセラーの高見綾さんに感情的になる原因と感情をコントロールするコツを解説してもらいました。

感受性が豊かで、すぐに感情的になってしまうことで悩んでいる方は少なくないかもしれません。

まわりの人に迷惑をかけてしまうので、感情をコントロールできるようになりたいと思っている人もいるでしょう。

今回は、感情的になってしまう人の心理を紐解きながら、感情をコントロールする方法について紹介します。

感情的になってしまった場合の対処法についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

感情的な人の心理

まずは、感情的になってしまう人の心理について説明します。

1.自分の気持ちを理解してほしい

相手がどう思っているかということよりも、自分の気持ちをわかってほしいという思いが先行してしまう傾向があります。

論理的に気持ちを伝えるのが苦手なので、感情的になることで、自分の気持ちを理解してもらいたいと思っています。

2.不安感が強い

心に余裕がなく、不安感が強いです。

そのため、ちょっとした刺激でも感情が大きく揺さぶられてしまいます。

不安があると、自分のことを考えることでいっぱいになってしまい、冷静に物事を考える余裕がなくなってしまいます。

3.自分の思い通りに物事を進めたい

感情的な人は、想定外のことが起きると不安感からパニックになりやすいです。

自分の思い通りに物事を進めたいという気持ちがあり、状況をコントロールしたがります。

自分の思う計画から外れてしまうと、気持ちが落ち着かなくなり不機嫌になることも多いです。

4.自信がない

自己肯定感が低く、自分に自信がありません。

そのため、自信のない弱い自分がバレてはいけないと、自分を守ろうとします。

自分が不利になると、感情的になることで状況を乗り切ろうとする傾向があります。

5.自分を否定されたと思いがち

物事が自分の思い通りにいかなかったり、反対されたりすると、自分を否定された・バカにされたと受け取りがちです。

まわりとしてはそういうつもりじゃなかったとしても、自信のなさや自分の弱さに向き合うことが苦手なので、過剰に反応してしまうことがあります。

次ページ:感情をコントロールする方法

SHARE