お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ポジティブな人の特徴。ネガティブから脱却するには

高見綾(心理カウンセラー)

ポジティブになるための考え方

ここまでポジティブな人の特徴や成功する理由について説明してきました。では、ポジティブになるためにはどうしたらよいのでしょうか。

自分は運がいいと思い込む

ポジティブな人は、自分は運がいいと思っています。根拠はなくてもいいので「運がいい」前提に考え方を変えてみましょう。

そして、日々運がいいと思った出来事を集めてみましょう。たとえば、「楽しみにしていたデートの日が快晴だった」ことも運のいい出来事のひとつです。証拠が集まると、ますます自分は運がいいという自信がつくのでオススメです。

人と比べない

私たちが人と比べるとき、相手のよいところ(得意なところ)と自分の悪いところ(苦手なところ)を比べるものです。人と比べる時点で、最初から勝ち目がないのです。

自分は自分だからと認めてあげると、人と分けて考えることができ落ち込むことが減ります。

最後にポジティブな言葉を使う

ときには愚痴や文句を言いたくなるときもあるもの。そんなときは、最後にポジティブな言葉を使って締めくくるようにしましょう。

「今日は仕事で嫌なことがあったな~。もうクタクタだよ~。」と口から出てしまったら、続けて「でも私、がんばったよね。お疲れさま!」と前向きな言葉を使います。

最後がネガティブになるかポジティブになるかで、心証はかなり変わります。最後をポジティブな発言で終わらせることによって、自分の気分もよくなり心によいイメージが残ります。

また、「すいません」「ごめんなさい」が口癖の人は、「ありがとう」に言い換えるようにしてみましょう。

ピンチをチャンスだと捉える

ピンチが訪れたときに、「私って運がない」と思うか、それとも「これはよくなるチャンスだ」と思うかで、その後の流れが大きく変わります。

「これはいいことに変わるぞ!」「大きく成長できるチャンス!」と思えると、「私に何ができるだろう?」という発想になり、前向きに行動していけるようになります。

自分ができること以外は考えない

ずっと悩んでいても答えが出ないようなことは、自分の中に答えがないことが多いので、一旦考えるのをやめるのがオススメです。

すると、心に余裕ができて精神的に楽になります。

また、他人のことなど、自分ががんばってできる範囲を超えたことについては、割り切って、考えないのもひとつの方法です。

次ページ:ポジティブな考え方を取り入れて、成功体験を積み重ねよう

SHARE