お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

幸せとは何か~自分の幸福度を高める6つのヒント

萩原かおり(心理カウンセラー)

人は誰しも幸せになりたいと願っています。

では、幸せとはいったいなんなのでしょうか? どうしたら幸せになれるのでしょうか? 特に女性は、恋愛、仕事、家族、趣味などさまざまな軸があり、「幸せになりたくても何から取り組んだらいいのかわからない」という人も多いようです。

今回は、「幸せになりたい!」と願う女性に向けて、幸福度を高める6つの行動をご紹介します。

幸せとは何か

そもそも幸せとはなんなのでしょうか?

アメリカでも中国でもインドでも、世界中の人に「人生でもっともほしいものは?」と聞くと、大半が「幸福」と答えます。

しかし、幸せのかたちは人それぞれ。結婚してもお金を手にしても「不幸だ」と感じる人もいれば、必要最低限の住まいとお金だけで「幸せだ」と感じる人もいます。

幸せはみつけるものではなく、自分で創造し築くものです。

贅沢な暮らしをしていなくても、大好きなパートナーがいなくても、今の自分に満足していれば誰でも幸せを感じることができます。

富、名声、美……。世間的にいわれる幸せ=幸福?

世間的にはお金があって裕福だったり、パートナーから深く愛されていたり、仕事で活躍していたり、人から注目される影響力があったりすると「幸せ者だね」といわれがちです。

富、名声、美……たしかにどれもすてきな要素ですが、これらの条件を満たしていても「私は幸せじゃない」と考えている人はたくさんいます。

幸せを感じられない人は、自分と他人を比較しがちです。富も名声も美も、比べれば青天井でキリがありません。

生活ランクを決定づけるお金ですら、短時間のささやかな幸せしか得られないといわれています。つまり、世間的にいわれる「幸せ」はあまり幸福度につながっていないのです。

幸せを決めるのは自分の行動

人の幸福について研究するポジティブ心理学の調査では、幸福を決定する要素は大きく3つに分けられます。

富・名声・美などの環境は、なんとわずか10%。恋人がいる、お金があるといった環境だけだと、幸福度は10%しか左右されないのです。

では、ほかの要素とはどのようなものでしょう。50%は遺伝、そして、40%を占めるのは「意図的な行動」でした。遺伝は変えられませんが、意図的な行動をとれば幸福度の40%を決定づけることができるのです。

自分で変えられる40%に注力して、幸福度を高め、幸せを実感しましょう。

次ページ:本当の幸せをみつける6つの行動

お役立ち情報[PR]