お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

仕事も、恋愛も。メンタルを強くする方法

平井妙子

すぐに心が折れてしまったり、ここぞというときにマイナスな考え方をしてしまったり。仕事や恋愛、あらゆる場面で「メンタルを強くしたい」と願ったことはありませんか? しかし、気持ちを強くするにはどうしたらいいのでしょう? メンタルチェンジトレーナーの平井妙子さんに「メンタルの強い人の特徴」と「メンタルを強くする方法」を聞きました。

■「メンタルが強い」の定義とメンタルが強い人の共通点

人は予想していた結果や期待が得られないとき、想定外のマイナスな出来事が起きたとき、また、努力が報われないときなどは、落ち込んで悲しみの感情を味わいます。この感情を持つことなく過ごす人はいません。そして、メンタルが強い人と弱い人は、脳の使い方にちがいがあります。そこで、メンタルの強い人に共通する特徴を3つ紹介しましょう。

◇強くポジティブな信念がある

信念とは自分が信じていること。例えば、仕事でミスが続いてしまったとき、メンタルが弱い人は「自分には無理かもしれない」「ダメな人間だ」など、ネガティブな信念が出てきてしまいます。一方でメンタルが強い人は、「やりたくて就いた仕事、必ずできる。乗り越えられる!」「成長するために、何事も修行だ!」「ピンチはチャンス!」など、自分を奮い立たせるような、ポジティブな信念が現れます。

◇気持ちの切り替えができる

メンタルが強い人は、気持ちが低迷している状態から脱出するスイッチを活用しています。気持ちの切り替えができる人は、日ごろから自分と向き合い、自分を大切にしているからこそ、自分が何をすれば気分転換できるのかを知っているのです。切り替えスイッチは、自分自身を元気にする言葉でもあれば、音楽、読書、映画、食事、睡眠、スポーツ、リラクゼーションなど、人それぞれちがいます。

◇脳内で乗り越えるパターンを描いている

メンタルが弱い人は、ミスや失敗したことに対してその原因を探り、落ち込みます。逆にメンタルの強い人は、乗り越える方法を見つけようとします。うまくいかないことが起きても、「どうすればうまくいくだろうか?」と、複数のパターンを描くのです。

次ページ:メンタルを強くする方法

お役立ち情報[PR]