お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「元彼と結婚したい」は危険! うまくいかない・後悔する理由

ひろん

元彼と結婚したかった、結婚すればよかったと未練を抱える人はいるもの。しかし、たとえ元彼と結婚できたとしても、うまくいくわけではありません。婚活コンサルタントのひろんさんが、元彼との結婚を夢見るべきではない理由を解説します。

婚活疲れに陥り、メンタルが消耗してしまった女子がよく言うセリフナンバー1は、

「あのとき、あの人と結婚しておけばよかった」

です。

それなりの理由があって別れたはずでも、人は失ったものほど惜しいと思ってしまうものですし、ついつい過去に逃げたくもなってしまいます。

でも、その思考回路は本当に大丈夫なのでしょうか?

もちろん稀ではありますが、元彼と復縁して結婚している人もいます。稀ですけど(大事なので2回言います!)。

今回は「元彼と結婚したい」と考えてしまうのは、いいのかダメなのか、を徹底追及していきたいと思います。

「元彼と結婚したかった」という女性は多い

現代は婚活戦国時代であり、「女余り」ともいわれております。

出会うための手段は増えたものの、女性にとって「いいな」と思える人を見つけることがかなり難しくなっています。

お見合いや婚活アプリを利用して、たくさんの男性に出会ったものの、まったく「いいな」と思える人に出会えず……。

付き合ってから既婚者だったことが発覚したり、「お前だけはないわー」と思っている男性からなぜか上から目線で説教をされたり、金持ち自慢を散々繰り広げた男性が食事代のみならず、駐車場代までワリカンにしてきたり、「シャワー浴びてます?」と聞きたくなるほど体臭のきつい人と小一時間お茶することになり苦行の時間を過ごすことになったり……。

婚活していて、とことん酷い目に遭わされると、なおさら「元彼がよかったんじゃないか」と思ってしまいますよね。

次ページ:元彼と結婚してたら幸せだったかもという幻想

SHARE