お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 節約・貯金

独身女性が必要な老後資金はいくら? FPが教える貯蓄プラン

藤井宏枝(FP)

「このまま一生独身だったら……?」と、不安に襲われることはありませんか? もし本当に独身だった場合、今から老後のお金の準備をすることが大切になってきます。この記事では、マイライフエフピーに所属するFPの藤井宏枝さんに「独身女性が老後に必要なお金と準備方法」を解説してもらいました。

「このまま一生独身かも!?」と急に不安に駆られることはありませんか?

その不安の正体が、老後のお金の心配という方も多いと思います。今から準備をして老後に備えることができれば、不安は薄らいでいくことでしょう。

ここでは、「独身のまま老後を迎えた場合は経済面が不安なのでは?」と漠然と考える方のために、独身女性の老後に必要なお金と、老後の資金を確保する方法をお伝えします。

独身女性の老後に必要なお金は4,500万円!?

苦手な方も多いかと思いますが、まずは数字で老後のお金の現実を見ていきましょう。

具体的な金額を把握することで、ご自身の老後資金の目標額が明確になります。

(1)老後の生活費支出は月額15万円

 

そして、厚生労働省の2017年の「簡易生命表」では、30歳女性の平均余命は57.7 年、つまり87.7歳まで過ごせる計算です。たとえば、65歳~90歳まで25年間の生活費の総額を計算すると、

★約15万円×12カ月×25年=約4,500万円

あくまで平均なので、お住まいの地域や賃貸住宅か持ち家か、さらにどんな老後を過ごしたいかによって金額は異なってきます。ご自身の老後の生活費はどれぐらいか、考えてみてくださいね。

(2)年金は年額135万円

次に、老後の主な収入として、受け取れる老齢年金の金額を計算してみましょう。

たとえば、現在30歳の女性が22歳~65歳まで会社員として勤務して、ボーナスを含めた平均の給与が月額20万円 の場合に受け取れる老齢厚生年金を試算してみると、老齢厚生年金は年額約135万円 になります。65~90歳まで25年間受け取るとすると、

★約135万円×25年=約3,375万円

他方、自営業の方で老齢基礎年金のみを受け取る場合ですと、満額で年額779,300円(2018年度の金額) ですから、25年間で約1,950万円です。より具体的に自分が受け取れる年金の見込み額を知りたい場合は、「ねんきんネット」を利用すれば試算ができます 。

(3)老後に備えて準備すべきお金は?

老後の支出と収入を比較すると、支出が収入を上回っていますね。

つまり、収入の不足分が老後のために準備しておきたい金額になります。

先述の30歳の会社員の女性の場合、65歳以降は平均的な1カ月の生活費の15万円で暮らせそうならば、不足分は約1,125万円です。

生活費支出約4,500万円-年金収入約3,375万円=約1,125万円

★の部分に、ご自身の想定する金額を入れて上記の手順で計算し直した金額に、それぞれ現在の貯蓄額や退職金など年金以外の収入も加味すると、現実的な金額が見えてきます。さっそくシミュレーションしてみて、ご自身の目標金額を計算してみましょう。

次ページ:老後の資金を確保するためにすべきこと

お役立ち情報[PR]