お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 片思い

男性が「キープ女子」に送るLINEの特徴 #LINE道場

二宮ゆみ

気になる男性や彼氏にLINEをするとき、「なんて送ろう?」と悩む女性は多いはず。元人気ホステスで恋愛コラムニストの二宮ゆみさんに、男心をつかむLINEの送り方を解説してもらいます。今回は「男性がキープ女子に送るLINEとその対処法」です。

残念ながら。聞こえのよい言葉をかけてあげたいのは山々なのですが、本当に残念ながら。

LINEだけじゃ本命になれません!!

何回も言ってるけど! LINEは、会うための手段のひとつでしかありません!

見て! 私が書いた過去のLINE道場を、なめるように見て!!

……そう、「好きになってもらう魔法のひと言」なんてないんです。ましてやキープです。普通の何倍も努力しないと、「彼女にしてもいいかな」ラインには立てません。

終電間際の「今ヒマ?」や、本命に2軒目振られたんだなという時間に送られてくる「軽く飲まない?」。これらが鬼門LINEです。

基本的にキープへの扱いはぞんざいなので、彼女らにはデートの約束などしません。自分がヒマなときに都合よく相手をしてくれる存在だからです。

お店も予約なんかしません。適当に入れる微妙な居酒屋で済まそうとします。ここらへんを悪気なく平然としてくる輩は、確実にあなたをキープ枠に入れています。

ただし医者、外資金融さん、激務系や社畜系の彼は別です。彼らは本当に23時に仕事が終わって「今からご飯行かない?」など誘ってきたりします。

しかし、ホワイト企業勤務の男性でしたら、まずダウトです。さくっとブロックして次に行きましょう。

(二宮ゆみ)

お役立ち情報[PR]