お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

男性が「友達の彼女」を見るときのチェックポイントは?

ラブホの上野さん

もしもみなさまが彼氏から友達を紹介される機会が御座いましたら、ぜひお喜びくださいませ。

男性は基本的に自分の彼女を友達に紹介したりいたしません。

その理由は追ってご説明いたしますが、男性にとって「友達に紹介する」という儀式は、「両親に紹介する」と同じくらい重要な儀式であるといえます。

ですので、もしも彼氏さまが友達を紹介した場合は、その彼氏さまの本気度はかなり高いと言えるでしょう。

女性のみなさまが思っているよりも、男性は彼女を自分の友達に会わせたがらない生き物なので御座います。

それでは今回は、そんな幸福なイベントの際に失敗しないための方法をご説明させていただきます。

彼氏の友達との仲は、よいに越したことはない

彼氏さまの友達から好かれるに越したことはありません。

しかし、あくまでも重要なのは彼氏さまとの関係であり、彼氏の友達との関係は二の次であることをくれぐれもお忘れなきよう願います。

たとえば、自分の彼氏をネタにした笑いを取れば、比較的簡単に彼氏の友達と仲よくなることはできるでしょう。

彼氏は、彼氏の友達と彼女にとって共通の話題で御座います。

ですので、簡単に笑いが取れて仲よくなることはできるのですが、それで彼氏が喜ぶことは御座いません。

彼氏の友達との関係を改善するために、彼氏との関係を険悪にしては本末転倒でしょう。

とはいえ、彼氏の友達に嫌われていいことは御座いませんし、仲よくなるメリットもまたもちろん御座います。

仲よくなれば、「彼氏の友達」という監視役を手に入れることができますので、浮気防止にもなりますし、何よりも「別れ防止」として彼氏の友達は極めて重要なメリットを持っているのです。

どれほど仲のよいカップルであっても、関係が険悪になることは御座います。

そういう関係が危険になったときに関係修繕ができるかどうかが、関係が長続きするかどうかの差といっても過言ではありません。

さて、男性は基本的にひとりで悩みたがる生き物で御座いますが、時には人に相談したくなることも御座います。

それでは彼女との仲で悩んでいるときに、彼氏が相談する相手とは、一体誰でしょうか?

ズバリ、仲のよい友達で御座います。

彼氏が彼女との関係について相談をした際に、友達が「お前にはもったいないくらいのいい彼女だ」と言うか、「たしかに……あの女は別れたほうがいい」と言うかは、関係の修復においてかなり重要であるといえるでしょう。

当然、友達が「お前にはもったいないくらいのいい彼女じゃないか」と言ってくれたほうが、関係が修復する可能性は上がります。

これこそが彼氏の友達と仲よくなる最大のメリットといっても過言ではありません。

それを踏まえて、彼氏の友達と会ったときに取るべき行動を考えてみましょう。

(1)彼氏のろけ

女性からすると意外かもしれませんが、彼氏の友達と会った際にもっともオススメな行動は「彼氏ののろけ」で御座います。

正直にいえば、これだけで話していても問題がないレベルでしょう。

彼氏がどれだけ魅力的でどれだけやさしいか、そして自分がどれだけ彼氏が好きかを語る。

これだけでよいのです。

というのも、男性が友達の彼女を判断するときは、「顔」と「性格」と「どれだけ彼氏が好きか」の3点で判断をする傾向が御座います。

残念ながら、顔は努力でどうこうできる問題では御座いません。

性格は、顔と比較すれば多少は取り繕うことができますが、それでもやや難しいでしょう。

しかし、「どれだけ彼氏のことが好きか」だけは、比較的簡単によく見せることができるのです。

さて、先ほどお話した通り、彼氏の友達と仲よくなる最大のメリットは、なんといっても「彼女と別れそうで悩んでいる」と友達に相談したときに味方になってくれることでしょう。

もしも彼女がのろけを言っていれば、その際に「あんなにお前のことが好きな女の子なんて現れないぞ!?」と友達は言うことができるのです。

そういう意味で、のろけは非常に有効で御座います。

また、のろけをいうことは、寝取り防止効果もあるといえるでしょう。

あまりあることでは御座いませんが、もしも彼氏の友達があなたに惚れた場合、まぁいろいろと面倒なことになることはまちがいありません。

しかしのろけておけば、仮に友達が彼女に惚れたとしても「まぁ俺は無理だ」と諦める可能性が格段に上がるのです。

(2)男同士の会話に入らない

女性同士でファッションやメイクの話をしているとき、「ああ、それいいよね」みたいな感じで会話に入ってくる男性にお会いしたことはないでしょうか。

たいていの場合、そういう男性は生半可な知識で入ってくるのでウザいことでしょう。

仮にその男性がそのジャンルに精通していたとしても、それはそれでだいたいウザいもので御座います。

これは男性同士の会話にもいえる話でしょう。

彼氏が友達と盛り上がっているときは、だいたい「男の会話」をしております。

そこに女性が入ってくると、残念ながらだいたい「ウザい」と思われてしまうのです。

「ウザい」と思われていいことはひとつも御座いません。

そのため、彼氏が友達と男の話をしているときは、適当に相槌でも打って会話に入らないほうがよいでしょう。

もしも彼氏の友達が彼女を連れてきていたら、その女性と話すのがベターで御座います。

女性が男性同士の会話に入っても、なんのメリットも御座いません。

(3)格付けに気をつける

男性が2人いたら、そこには上下関係がある。

単純な先輩後輩のような関係であれば話は簡単で御座いますが、同級生などの場合でもある程度の上下関係がそこには御座います。

また、「サッカーのときはこっちが上」「ゲームのときはこっちが上」というように状況によって格付けが変わることもあるので、女性からすれば大変わかりにくいことでしょう。

しかし、この格付けをまちがえると、男性からの評価は下がります。

特に問題なのが、彼氏の格付けが下の場合。

この状況で格が上の友達を茶化すような発言をすると、彼氏はあとあとその友達に謝罪まわりをすることになってしまうのです。

逆に彼氏の格付けが上なのに、その権威が失墜するようなことを言えば、今度は彼氏からの評価が大きく下がることでしょう。

この格付けを女性が見抜くことは困難なので、過度に彼氏を茶化したり、友達を茶化したりしないほうがよいのです。

その友達との関係性がはっきりするまで、自分からあまり発言しないくらいのほうがよいでしょう。

(4)恋愛モードの彼氏の話をしない

彼氏ののろけはオススメで御座いますが、その際は彼氏が恋愛モードのときの話をしないほうがよいでしょう。

まず男性は、友達の前で彼女とベタベタいたしません。

自分が恋愛に夢中になっている姿を友達に決して見せたくないのです。

そのため、男性が友達に自分の彼女の話をするときは、だいたい盛っていると考えたほうがよいでしょう。

たとえば、彼氏のほうがゾッコンなのに、「彼女が離してくれなくてさぁ」的なことをいうのはザラで御座います。

ひどい場合は、自分から告白したのに「あっちがしつこいから仕方なくOKした」的なことを言うことさえあるのです。

恋に夢中だと思われたくない男性は、基本的に「俺は本気じゃないけど、まぁあっちが本気だから?」的なスタンスを取りたがるもので御座います。

そのため、「彼氏は私に会うと甘えて抱きついてくるんですよー」的な発言をすると、99%彼氏の嘘がバレるのです。

嘘を暴かれた彼氏は二度と彼女を友達に会わせなくなるでしょう。

友達はその話題で笑うでしょうが、彼氏は恥をかきますし、彼女との関係が悪化するのも避けられません。

(5)彼氏の過去を友達に聞きすぎる

彼氏の友達に会うと、その友達から彼氏の過去を聞きたくなることと思います。

そして彼氏の友達に「彼氏の過去」を聞けば、喜んで教えてくれることでしょう。

しかし、彼氏はそれを決してよくは思いません。

そもそも聞かれて困らない過去は彼氏が勝手にしゃべっていることでしょう。

友達は得てして彼氏の恥ずかしい過去しか話しません。

たしかにその話題をすれば彼女と友達は盛り上がるでしょうが、当の彼氏はどうなるでしょうか?

優先順位をまちがえてはいけません。

何よりも優先すべきは彼氏との関係であり、彼氏の友達との関係ではないです。

また、そもそもみなさまがわざわざ聞かなくても、彼氏の友達という生き物は勝手に彼氏の恥ずかしい過去を話しはじめるものでしょう。

わざわざ質問をして犯人になる必要は御座いません。

(6)彼氏の欠点の話

彼氏の友達に「彼ってこんな欠点があるんですよー」というのは、避けたほうがよいでしょう。

これは先ほどの「彼氏の過去の話」と構造は同じです。

その場は盛り上がるでしょうが、逆にいえばそれだけ。

友達に欠点をバラされて喜ぶ人間はおりません。

「彼氏」と「彼氏の友達」の優先順位をまちがえない!

彼氏の友達と仲よくなることには、メリットが御座います。

しかし、それよりもはるかに重要なのは「彼氏との仲」でしょう。

彼氏の株を落として、友達と仲よくなるのは簡単で御座いますが、そんなことをしては本末転倒であるといわざるを得ません。

あくまでも重要なのは「彼氏との関係」

そのことを念頭に置いて、彼氏の友達と会うという素敵なイベントをお楽しみくださいませ。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]