お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白なしで付き合う男性心理。付き合っているかを上手に確認する方法

凛音(りんね)

告白なしで付き合う男性の心理3つ

では謎めいた男性心理のひとつ、告白なしで付き合う理由をご紹介します。

言わなくても気持ちが伝わっていると思っている

男性は感情を口に出すのが苦手な傾向があります。特にシャイな日本人の男性は自分をさらけ出すことに抵抗を感じやすいため、態度でわかってもらおうとします。

わかりやすいのはスキンシップですが、それ以外にも頻繁に連絡をとったり、デートの約束をしたりなど。男性からすれば「好きじゃなかったら一緒にいないでしょ」「わざわざ言わなくてもこんなに会っているんだから付き合っているに決まってる」と、態度で察してくれると思っている可能性があります。

告白されるのを待っている

あまり恋愛経験のない男性や受け身な男性は、そもそも告白する勇気がない場合があります。「これだけ自分とデートしてくれるのだから、おそらく相手も好きだろう」「キスを拒まなかったのだから恋人ということだよね」と自分の中では付き合っているつもりになっているはず。

なんとなく相手から告白されるのを待ちつつ、本音は「告白というイベントがあったほうがいいのだろう」とも思っています。が、そのまま告白がない状態でも「まぁいいか」と考えられるお気楽な傾向も。

基本的に優柔不断な性格をもつ人に多くみられるでしょう。

フラれたくない

男性はプライドが高い傾向があるので、傷つくことや自分の立場が低くなることに抵抗を感じやすいです。そのため、告白してフラれることに恐怖を抱いている可能性があります。

「わざわざ告白して断られるくらいなら、曖昧な雰囲気のままのほうがいい」「なんとなくの関係のほうが傷つかなくて楽」と、あえて結論やけじめをつけずにいることで、リスクを避けようとしているのです。

次ページ:付き合っているのか確認して大丈夫?

SHARE